心に寄り添う温かな看護をめざして

看護部長 城 由紀

少子・超高齢化社会という我が国の人口構造の激変化とともに医療政策も大きく変化している中、看護の力が大きく期待されています。当センターは県南部に位置し、急性期医療を担う中核の大学病院であるとともに地域包括ケア病棟を有し、また訪問看護ステーションも併設する地域密着をめざしている病院です。

患者さんが、安全にそして安心して治療を受けることができるよう私たち看護師は、患者さんの心に寄り添いながら患者さんが意思決定できるよう支援させていただきます。心に寄り添うためには患者さんの微細な変化を敏感に察知できることが重要と考えます。病棟・外来看護師はもとより、それぞれ多くの分野で活躍している認定看護師たちの専門性を活かして、多職種連携にも力を注ぎ患者さんの望む医療と看護に一歩でも近づけるよう努力をしています。そして、患者さんとその御家族の方々に『茨城医療センターを選んで良かった』と満足して頂けるようなより質の高い看護の提供ができることをめざしていきます。

当院は大学病院の強みである教育体制を整え、新人教育の充実はもちろんのこと看護師として自己実現ができるような看護師育成に力を注いでいます。また、日々の看護ケアを通して患者さんと接する中で看護の魅力を実感しながら看護実践能力を高めていくことができるようサポートしており、個々の成長に合わせた人材育成をおこなっています。所属のスタッフ全員で支援し、看護を通して共に成長し続ける組織づくりを目指しています。