地域の皆さまの心に寄り添う看護を目指して

看護部長 清田朝子

看護は今、急性期医療だけでなく生活支援・介護予防、在宅医療・介護、訪問看護など幅広い分野で必要とされており、看護の力が期待されています。

それに応えるため私たちは、確かな知識・技術・倫理観を備え、患者さまや利用者さまに手を差し伸べる勇気と行動力を養う必要があります。

そして、自信を持って地域の皆さまに向き合うためには、常に専門性を高める努力が大切です。

当院は、個人の目標と組織の目標を連動し、自己実現できるよう教育体制を整え、看護師の育成に努めております。伸びようとするあなたをしっかりサポートします。

地域の方々に'ここに通院、入院できてよかった'と満足いただける看護が提供できる、そして看護職員自らも満足できる看護が私たちの目標です。