業務委員会は、安全で効率性のある、患者さんにやさしい看護業務の提供が図れるために「看護業務見直し」・「Nsアシスタント業務拡大」・「Nsアシスタント教育」・「ナーシングスキル」部会で構成され活動しています。

看護業務見直し部会

看護業務見直し部会は、新規材料の検討および導入を行うため各部署に試験運用を行ってもらい評価しています。また、各部署からの意見をもとに看護業務の検討・実施・評価を行うとともに、少しでも楽しく自分達の仕事ができ充実した看護が提供できるように安全と効率性を視野に入れた看護業務の見直しを図る活動を行っています。

Nsアシスタント業務拡大部会

ナースアシスタント業務拡大部会では、看護師の業務負担軽減を視野に入れ患者様の看護ケア充実の時間確保に向け、ナースアシスタントとの意見交換を定期的に行い業務の見直し・拡大に努めています。

Nsアシスタント教育部会

看護師とNsアシスタントが相互に役割を認識し、安全で質の高い看護サービスの提供を目指しています。看護師とNsアシスタントが協働し、Nsアシスタントがチームの一員として患者さんの日常生活援助(移乗・移送、排泄介助、清潔/寝衣交換、食事介助など)ができるよう教育委員会と共に研修を実施しています。また看護師とNsアシスタント間での情報共有を図り、率先し不安なく日常生活援助ができるよう、Nsアシスタント教育の計画立案・実施・評価に努めています。

ナーシングスキル部会

臨床における標準的な看護手順を確認・習得ができるようオンラインツールとして導入されています。現在、PDF化しすべての端末から閲覧できるよう作業を実施しています。ナーシングスキルの導入により、患者さんへの安全と効率性のある、やさしい看護が提供できるようになっています。また、新規手技や定期更新を行い、より安全性の高い技術の提供、看護師のスキルアップに役立つよう努めています。