業務委員会は、安全で効率性のある、患者さんにやさしい看護業務の提供、Nsアシスタントが安全に業務遂行でき、看護師の補助的役割が果たせることを目的に「看護ケア基準」・「看護業務見直し」・「Nsアシスタント教育・業務拡大」チームで構成され活動しています。

≪活動≫

看護ケア基準チーム

看護ケア基準チームでは、臨床における標準的な看護手順・基準を作成し、患者様へ看護手順に沿った看護が提供できるよう取り組んでいます。また、ナーシングスキルの導入により、いつでも看護手順の確認・習得ができるよう整備されています。ナーシングスキルをもとに看護ケア基準を見直し、より安全性の高い技術の提供、看護師のスキルアップに繋がるように努めています。

看護業務見直しチーム

看護業務見直しチームは、新規材料の検討・試験運用から導入、各部署からの意見をもとに看護業務の検討・実施・評価を行うとともに、少しでも楽しく自分達の仕事ができ充実した看護が提供できるように、安全と効率性を視野に入れた看護業務の見直しを図る活動を行っています。また、各病棟で口腔ケアの充実が図れ、看護記録として残せるようOAGスコアによるプロトコールに合わせたケアの実施状況の評価を行っています。

Nsアシスタント教育、業務拡大チーム

Nsアシスタント教育、業務拡大チームでは、今年度より業務委員会で看護師とNsアシスタント間での情報共有を図り、率先して不安なく日常生活援助ができるよう、Nsアシスタント教育の計画立案・実施・評価に努めています。また、中途採用者のオリエンテーションを入職時に行っています。さらに、看護師の業務負担軽減を視野に入れた患者様のケア充実の時間確保に向け、Nsアシスタントとの意見交換を定期的に行い業務の見直し・拡大に努めており、看護師とNsアシスタントが相互に役割を認識し、安全で質の高い看護サービスの提供を目指しています。