教育委員会では、「看護専門職として、対象のニーズに沿った質の高いケアを提供するために知識・技術・態度の向上を図る」という看護部教育理念に基づき、看護職員が段階的に効果的な臨床実践能力の修得が可能となるような研修を企画し、運営を行っています。また、研修の企画を行う中で、専門性が高められ自己のキャリアプランが実現し、目指す看護師像に近づけるような教育内容になることを常に念頭に、検討を行っています。看護部教育研修全般の運営を担い、メンバー一人ひとりが自覚と責任を持って活動しています。

演習やシミュレーション研修を多くとりいれ、より充実した教育委員会の運営を目指しています。

私たち教育委員会は、教育という活動を通し自己の学びを深めるともに、自分自身の目標をしっかり持ち、後進の育成という壮大なプロジェクトに楽しみながら参加しています。

教育委員会活動目的
  • 1.看護の質の維持・向上および個人のキャリア形成を目指した教育全般を担う活動の実施
  • 2.専門的知識・技術を習得したIV認定看護師の育成
看護教育
教育理念

看護専門職として、対象のニーズに沿った質の高いケアを提供するために必要な知識・技術・態度の向上を図る。

教育目的

対象のニーズに沿った質の高いケアを提供するために、進んで自己研鑽と必要な研修に参加し、安全・安楽な看護が提供できる人材を育成する。

私たちの目指す看護師像
  1. 安全・安楽な看護が提供できる看護師
  2. 看護技術にキラリと光るセンスのある看護師
  3. 広い視点で物事を考えられる看護師
  4. 自ら進んで研鑽しようとするポジティブ思考の看護師
育てたい看護師像
  1. 基本的な看護技術の実践ができる看護師
  2. 自ら考え、他者へ相談のできる看護師
  3. 笑顔で、社会性のある看護師
教育内容

病院及び看護部、教育理念、目指す看護師像をもとに、教育カリキュラムの水平軸と垂直軸を設定しています。水平軸には、建学の精神である「正義・友愛・奉仕」とともに、「患者権利」「尊厳」「専門職の責任」「社会的責任」の5項目を、各研修内容と関連づけながら学びを深めていきます。

日本看護協会のクリニカルラダーを指標に「ニーズをとらえる力」「ケアする力」「協働する力」「意思決定する力」に「教育、研究の力」を加え、5項目を設定し教育の柱としています。