患者が適切な医療やケアを受けながら住み慣れた地域での生活が送れるよう、退院支援・調整ができる体制作りを目指し活動しています。また、必要な社会資源、社会保障制度を利用し、退院調整部門、在宅療養地域との連携を図るパイプ役となれるよう訪問看護にも同行しています。


訪問看護の様子