こんにちは!連携委員会です。

「入院患者さんは、地域で暮していた生活者である」ことを意識しつつ、障害や疾病を持ちながら適切な医療や看護を受けています。そして、自分の望む生活の場で自分らしく生活出来るように地域と連携しながら、退院支援・退院調整を行うことを目的に活動しています。

活動内容

1)退院支援・調整に関する情報共有
患者・家族の意向をふまえ、自己決定を尊重した退院支援能力の育成に努めています。
2)退院支援スクリーニング監査
 
3)訪問看護同行訪問
退院した患者さんのご自宅を訪問看護ステーションのスタッフと共に訪問しています。入院中と在宅の違いを知り、在宅生活のイメージを深め、在宅療養移行支援に必要なケア・社会資源、地域との連携について学び、日々の看護にフィーバックできるようにしています。
4)スムーズな入院システムを検討
入院が決定した時点から、入・退院に関わる諸問題を見出し、解決できるように、必要に応じて院内・外の多職種と連携・協働するシステム作りに取り組んでいます。