呼吸器内科・外科疾患を主科とする入院病床数44床(緊急入院用病床4床を含む)の病棟です。主な治療は、化学療法・放射線療法・免疫療法などの内科的治療と手術による外科的治療など、急性期から慢性期まで総合的にサポートできるチーム医療を推進しています。疾患の回復と共に呼吸リハビリテーションや在宅酸素療法・生活指導など、療養環境を整えるとともに自立支援に向けて、他職種や地域との連携を図り、看護介入させて頂いております。


DVDを活用した生活指導と在宅酸素療法導入について説明

医師と人工呼吸器の設定確認の様子