疾患や治療により日常生活動作に制限が生じたり、痛みや苦痛のある患者様が多く入院しています。患者様の立場に立ち安全で思いやりのある看護が提供できるよう努めています。また、医師・看護師・リハビリ・MSWが連携を図り定期的にカンファレンスを実施し、患者様の日常生活動作の向上・早期在宅復帰に向けて支援を行っています。


車椅子・松葉づえ・歩行器

実習学生の勉強会の様子