業務内容紹介
一般検査とは

『一般検査』とは、何を検査するのか分からない人もいるかと思いますが、主に尿や便を取り扱う検査が多い部署です。血液検査などとは違い採血をすることなく検査することができるので、苦痛を伴わずに尿や便を排泄するだけで検査が行なえます。

その他、血液中の酸素濃度などを調べる血液ガス分析、インフルエンザ検査などの迅速検体にも対応しています。

主な検査・内容
  1. 尿検査

    尿蛋白、尿糖、尿潜血など数種類の項目を調べます。また、検査に入る際、尿の色や混濁にも注意して検査をしています。それに加え、尿中の細胞を検査する尿沈渣検査も行なっています。


    尿定性自動分析装置
    クリニテックアトラスXL

    尿沈渣観察中…
     

    尿中有形成分分析装置
    UF-1000i
    尿の色
    正常
    血尿
    血尿
  2. 便検査

    簡単なキットを用いての便潜血検査、便中の寄生虫卵の検出などを行います。

    寄生虫卵
    寄生虫検査は、患者様の糞便に特殊な薬品を加えて溶かし、それを遠心分離して顕微鏡で観察します。
  3. 脳脊髄液

    検査では細胞数のカウント、髄液中の蛋白や糖などを検査しています。主に髄膜炎などで細胞数が増え、診断にはとても重要なものです。

  4. 穿刺液

    胸水・腹水中の細胞数をカウントし、蛋白や糖などを検査しています。また特殊な染色法で染めた細胞を異型性がないかを観察します。

  5. 血液ガス

    血液中の酸素濃度・二酸化炭素濃度などがバランスよく保たれているか診る検査です。救急車搬入時や入院中の患者様の呼吸管理、また高熱や過換気の時など呼吸状態が安定していない時などに行なわれます。


    血液ガス分析器
    RAPIDLAB1265&850
  6. その他

    妊娠診断の補助や異常妊娠などを検査する尿中hCG検査。精液検査。薬物中毒を検査するパラコート検査などがあります。