特色

がん患者様の身体の痛みをはじめとして、精神的、社会的、スピリチュアルな苦痛といった全人的な苦痛を和らげることを目的とした診療科です。

外来では、身体的な痛みの治療として最新の薬物療法を中心とした治療を行いますが、がんの痛みだけではなく、がんの治療に伴う痛み(手足のしびれ、手術の痕の痛み)、痛み止めの薬の副作用に関する相談、調整も行います。

入院患者様に対しては、多職種(緩和ケア医、精神科医、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーなど)で構成された緩和ケアチームとして、患者様の苦痛を和らげるだけではなく、ご家族様のケアも含めて対応しております。

がん患者様に対する優しさと思いやりを大切にして診療いたしますので、がん治療でお悩みになられている方は、遠慮なくご相談ください。