対応疾患
運動器疾患
四肢の骨折・脊椎疾患・変形性関節症・外反母趾・四肢切断など
脳血管疾患
脳梗塞・脳出血・くも膜下出血・頭部外傷・神経難病(パーキンソン病・重症筋無力症・ギランバレー症候群など)
循環器疾患
急性心筋梗塞・慢性心不全・閉塞性動脈硬化症など
呼吸器疾患
急性呼吸不全・慢性閉塞性肺疾患・気管支喘息など
廃用症候群
急性疾患などに伴う安静により基本動作能力・応用動作能力・言語聴覚能力および日常生活動作能力の低下を来している状態
治療
運動器疾患
四肢の骨折や変形性関節症・脊椎疾患などの手術後、促通手技の実施・物理療法機器を用いて疼痛と関節可動域を改善いたします。同時に筋力強化・基本動作練習を通して歩行・日常生活動作を獲得いたします。必要に応じて医師・義肢装具士と連携を図り、装具・足底板などを作製いたします。また、歩行補助具や福祉用具などの選定を行います。
脳血管疾患
脳卒中によって生じた意識障害・片麻痺・高次脳機能障害・歩行障害などに対して、できるだけ早期に離床を図ります。全身状態の安定とともに長下肢装具を用いた立位・歩行練習、促通手技を通して基本動作の獲得や介助量の軽減を目指します。長期にわたってリハビリテーションが必要な場合は、医師・看護師・メディカルソーシャルワーカーなどと情報交換し、近隣の回復期リハビリテーション病院へ転院に向けた準備をします。
循環器疾患
急性心筋梗塞・心不全・閉塞性動脈硬化症などによって生じた胸部症状・下肢の運動時痛で入院された患者様に、運動指導・疾患についての説明・運動負荷の設定などを行います。また心肺運動負荷試験を実施します。退院後に外来心臓リハビリテーションを実施し、ストレッチ方法・運動指導・心肺運動負荷試験の結果に基づいた負荷量の設定を行います。
呼吸器疾患
急性呼吸不全・慢性閉塞性肺疾患によって生じた低酸素血症や息切れ、呼吸筋疲労に対して、リラクゼーションや胸郭の柔軟性改善・呼吸練習などを実施します。また、呼吸器内科による慢性閉塞性肺疾患の教育入院に対して、包括的呼吸リハビリテーションを実施ます。
廃用症候群
急性疾患などに伴う安静によって生じた基本動作能力・応用動作能力・言語聴覚能力に対して、リハビリテーションを実施します。運動器疾患・脳血管疾患同様に関節可動域練習・筋力強化・基本動作練習を通して歩行、日常生活動作を獲得します。
医療設備
運動療法機器
平行棒、平行支持台、起立訓練ベッド、マット、マット訓練台、エアロバイク、各種杖・歩行器、バランスボール、リフター、重錘各種
物理療法機器
ホットパック、マイクロウエーブ、超音波治療器、低周波刺激装置
循環器疾患
治療方針に沿った運動負荷設定を行いながら、短期間での退院調整を行います。運動負荷の設定のために心肺運動負荷試験を定期的に実施します。外来の心臓リハビリテーションの紹介を行います。
作業療法機器
マット、訓練台、作業台、金工作業用具、木工作業用具、皮革手芸用具、ミシン、サンディング、ボール盤、卓球台、台所装置、和室、キーボード、訓練用洗面台・トイレ・浴槽・洗濯機、アクティビティ材料、自助具多数
言語聴覚療法機器
言語聴覚障害評価訓練器具一式(失語症評価バッテリー、高次脳機能評価バッテリー)