薬剤師の役割

現在、医療の中でたくさんのくすりが使われています。

そのくすりの流通・管理を行い、医薬品が適切に使用されるよう、監視の役目を担うこと、それが薬剤師の役割と考えて、業務を行っています。

薬剤師の業務
調剤

当病院では、外来患者様には院外処方せんの発行を行っています。

薬剤部では患者様の入院中のくすりの調剤を行います。

外来通院の患者様の処方せんに関しましては、霞ヶ浦薬剤センター薬局をはじめとする市中の薬局にて調剤してもらうこととなります。

服薬指導

当病院では薬剤師が入院している患者様でくすりでの治療を受けている方に対し、くすりの必要性や薬の作用、服用時間、服用の仕方、副作用への注意などの説明を行います。

担当の薬剤師が入院された時からの患者様のくすりの服用記録(薬歴といいます)をつくって薬のチェックを行います。患者様のところへくすりの説明にうかがった際に、副作用の発現やその徴候についての確認を行います。

このように、指導といっても指導以外に患者様のくすりの管理も同時に行います。

ほとんどすべての病棟に担当の者がいますが、現在のところ、まだ全員にはできず服薬指導が必要であろう患者様を中心に行っています。

薬剤師からくすりの説明を聞きたい患者様は、病棟を巡回している薬剤師に声をかけていただくか、看護婦さんに指導を受けたい旨を伝えていただければ服薬指導に伺います。

薬品管理

院内における医薬品の購入・在庫・供給・品質・使用などの管理を行っています。

製剤

市販されていない医薬品の調製、消毒薬などの医療現場でたくさん使用するくすりの調製などを行います。

注射薬の無菌混合も行います。

医薬情報

くすりに関する情報を集めて医療従事者に伝える業務を行います。

医療従事者向けに情報誌の発行を行います。

現在のところ、一般の方からの電話等でのお問い合わせは受けておりません。

患者様でくすりのことを聞きたい場合には、病院の薬剤部の窓口に直接いらしていただして窓口で質問をお願いします。