業務
病理診断科とは?

生検や手術等で採取された組織検体を処理・加工して顕微鏡で観察できる標本を検査技師が作製します。そして、作製された標本を病理専門医が顕微鏡で観察して診断を下します。また、亡くなられた患者さんの死因の解明等のため、ご遺族の承諾のもとに病理解剖を行っています。


肺小細胞癌

肺腺癌
病理診断科の主な業務
  1. 組織診断
  2. 術中迅速診断
  3. 細胞診
  4. 電子顕微鏡検査
  5. 病理解剖
  6. 教育・研究支援
1.組織診断
胃カメラや気管支鏡などの内視鏡検査で採取した胃や肺などの小組織片(3mm角程度)や手術により摘出した臓器などを処理・加工して顕微鏡で観察可能な標本を作製し、がん(悪性腫瘍)や炎症(良性病変)等の診断を形態学的に下します。


ミクロトーム
組織検体を3〜4マイクロメートル(μm)の厚さに薄切りします


自動染色封入装置
(薄切りした切片を染色します)

2.術中迅速診断
手術中に、臓器・腫瘍の一部から、迅速に標本を作製し、診断結果を執刀医に報告します。診断結果により手術範囲の決定や手術方法の変更が行われます。所用時間は20〜30分程度です。

迅速検査中

凍結切片薄切装置
(迅速検体を作製しています)

3.細胞診
喀痰・尿等に含まれる細胞や、穿刺やブラッシングにより採取した細胞を処理・加工して標本を作製し顕微鏡で観察して悪性細胞の有無や良性病変の診断を行います。子宮がん検診や肺がん検診等にも細胞診を行っています。

肺小細胞癌細胞(喀痰)

肺腺癌細胞(喀痰)
4.電子顕微鏡検査
細胞内の微細構造を観察するために検査します。腎生検の病理診断では、欠かせない検査です。

電子顕微鏡

電子顕微鏡写真
5.病理解剖
入院している患者さんが不幸にして亡くなられた場合に、死因解明や診断・治療の妥当性の評価等のためにご遺族の承諾のもと病理解剖を行います。
6.教育・研究支援
臨床医の論文・学会発表や臨床研究の相談・支援、定期的なCPC(臨床病理検討会)の開催等を行っています。