特色

茨城医療センター眼科では茨城県全域から患者様が紹介され、難治性疾患を多数治療しています。治療成績向上のため、最先端の医療機器を駆使し、高度な医療を行っています。また、患者様が安心して良質の医療を受けられるようにと、十分な説明、複数の医師による診察を行っております。研究面では最先端の臨床研究を行い、国内外での学会報告および論文発表を通じて、高い評価を受けております。

治療内容
網膜硝子体疾患

岩崎教授は難治性網膜硝子体疾患の治療を専門としており、年間約400件の網膜硝子体手術を行っています。当院における硝子体手術の対象疾患は、糖尿病網膜症、裂孔原性網膜剥離、黄斑円孔、黄斑上膜、黄斑下血腫など多岐にわたっております。この中には増殖性糖尿病網膜症や増殖性硝子体網膜症といった、難治性疾患が多く含まれ、茨城県全域の医療機関から多くの患者様を紹介していただいております。また27ゲージ器具による無縫合硝子体手術も導入し、侵襲の少ない手術を目指しております。さらに当院では最新式の眼底視野装置(MP1)を用いて術前後の視機能評価を実施し、治療成績の向上に努めております。糖尿病網膜症に関しては、当院の糖尿病専門医による全身管理下で、総合的な治療を行うことが可能となっています。また当院では倫理委員会の承認の基、最新の硝子体薬物注入治療も行っております。当院で使用している薬剤Bevacizumab(Avastinアヴァスチン)は黄斑浮腫、新生血管緑内障といった様々な疾患が対象となり、平成27年度までに約1,000の硝子体注射を実施しました。

白内障

毎年900件近い白内障手術を行っており、良好な治療成績が得られています。近年増加傾向にあるアトピー性皮膚炎に伴う白内障や過熟白内障、水晶体脱臼などの難治性白内障は岩崎教授の得意分野でもあり、他の医療機関からも多くの患者様を紹介していただいております。当科では日帰り白内障手術を行っております。また難治例や通院の困難な方には、片眼で2〜3日間の入院をしていただいております。

眼外傷

当院では眼球破裂・穿孔性眼外傷などの緊急を要する患者様の対応を24時間受け付けており、必要があれば深夜でも手術を行っております。眼外傷による難治性網膜剥離は岩崎教授の専門分野でもあり、治療成績の向上に努めています。

加齢黄斑変性

治療法としては、光線力学療法と抗VEGF薬硝子体注入(Lucentis ルセンティス)が有望な治療法として認められており、三浦准教授が中心となって実施しております。当院は平成16年9月に、光線力学療法を茨城県内で最初に導入し、平成27年度までに約1,000回実施しました。また平成19年度からは、抗VEGF薬硝子体注入を開始し、約10,000回実施しました。

ぶどう膜炎

ぶどう膜炎は塚原医員の専門分野であり、多くの患者様を御紹介いただいております。ぶどう膜炎は全身性疾患に伴って発症する恐れがあり、内科をはじめ他科と連携しながら診断および治療を進めていくことが極めて重要です。当院では内服・点眼治療のみならず、ぶどう膜炎に合併した硝子体混濁、白内障、緑内障についても積極的に手術を行い、治療成績の向上に努めております。

緑内障

緑内障では通常の視野計で異常が検出された時点で既に神経節細胞の3〜5割が脱落しており、自覚症状も末期になるまでほとんどないため発見が遅れがちです。このため緑内障では早期発見が大切ですが、当科には通常の視野計よりも感度の高い検査器機(FDT)や最新鋭の画像診断装置(GDx-VCC,OCT)が備えられており、早期の段階でより正確な緑内障診断が可能となっております。緑内障進行例に対する手術も積極的に行っております。

主な対象疾患

網膜硝子体疾患(糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、黄斑円孔、裂孔原性網膜剥離、等)白内障、重症緑内障

眼科専用ホームページ