特色

当科は放射線科専門医2名と専攻医2名の医師が診療にあたっています。また、専門性を備えた、診療放射線技師24名、看護師6名により、放射線部の業務にあたっています。

放射線科にはCT 3台(16スライスMDCT 2台と128スライス Dual-Energy CT 1台)、MRI 2台(いずれも1.5T超伝導装置)、血管造影撮影装置2台(いずれもデジタルサブトラクション装置)などの診断機器の他に、VMAT定位放射線治療が可能なライナック放射線治療装置を有し、他科との協力のもと、最善の診断と治療を実践しています。

また、地域医療に貢献すべくCT、MRIなどの先端の診断機器を近隣の開業医の方々へ開放しています。詳細に関しては当院医療連携室までご連絡ください。

詳しくは、放射線科のホームページをご覧下さい。

放射線治療の主な対象疾患

放射線治療は大きく分けて、一般照射と三次元的にビームを収束させてピンポイントで治療を行う定位照射及び最新のIMRT(強度変調照射)に分かれます。様々な悪性腫瘍に対して有効ですが、主なものを以下に示します。

1)一般照射が有効なもの

脳腫瘍、耳鼻科領域の癌(特に、上咽頭癌、中咽頭癌、下咽頭癌、副鼻腔癌、喉頭癌)、肺癌、胸腺腫、食道癌、肝臓癌、胆管癌、膵臓癌、乳癌(特に、温存術後)、子宮癌、膀胱癌、前立腺癌、悪性リンパ腫、転移性脳腫瘍、転移性骨腫瘍。

2)定位照射が有効なもの

転移性脳腫瘍、早期肺癌、脳動静脈奇形、聴神経鞘腫などで約3cm程度以下の大きさのもの

3)IMRTが有効なもの

前立腺癌、頭頸部癌、多発脳転移、一般的な治療が難しいもの

これらが対象疾患ですが、放射線治療の適応か判断に迷われた時は、いつでも遠慮なくご相談ください。

一度に128スライス!!新しいCT 装置を導入しました

フィリップス社製128マルチスライスCT(Brilliance iCT SP)が2013年4月から稼働しました。このCT装置は、1回転を0.27秒の高速回転で撮影し1度に128スライス分の画像を瞬時に映し出すことができます。このCT装置を用いて、大腸スクリーニング検査としても期待されている内視鏡を用いない大腸検査。CT コロノグラフィー(CTを用いた大腸検査)もできるようになりました。また、最新の画像処理技術を用いることによって、従来と同等な画質を維持しながら被ばく線量を平均50%、最大80%まで低減することが可能となる患者さんに優しいCTです。