特色
手術風景

当院の母体である東京医科大学は、1923(大正12年)本邦で最も早く肺癌の切除を行い、現在では肺癌症例数が全国で最も多い施設の一つに数えられております。当科では東京医科大学外科のスタッフにより診療が行われており、同レベルの診断治療が受けられます。

手術

肺癌に対する外科治療(手術)、抗癌剤治療、放射線療法は常に最先端の知見を取り入れて患者様の負担を軽減するよう心がけています。外科手術では、胸腔鏡下手術(VATS)を自然気胸、良性腫瘍、低肺機能の転移性肺腫瘍や末梢型肺癌の手術に導入し肺部分切除や肺葉切除を行っております。小型の肺癌に対しては、低侵襲手術である、完全胸腔鏡下肺葉切除+リンパ節郭清術も積極的に施行しています。胸腔鏡の導入により、手術の負担を軽減し入院期間の短縮を図っています。

抗癌剤治療

抗癌剤治療では、最新の薬剤を投与することにより従来入院が必要であった抗癌剤治療を外来通院でできるようにしています。抗癌剤治療後に手術を施行する場合もあります。

気管支鏡下治療

気管気管支の中枢気道の狭窄・閉塞で重篤な呼吸困難を起こした患者様に対しては、高出力レーザー、アルゴンプラズマコアグレーター(APC)、マイクロウェーブなどを用い気道を拡張し、患者様のQOLの改善に努めています。また、気道確保に不可欠な硬性気管支鏡を用いた各種気道ステント挿入術も多く手がけています。縦隔リンパ節の診断に超音波気管支鏡や縦隔鏡を用い、肺癌のリンパ節転移やサルコイドーシスの確定診断を行っております。中心型早期肺癌では、副作用の少ない腫瘍選択性光感受性物質であるレザフィリンを用いた光線力学的治療法(PDT)を行うことにより外科手術を回避しています。

主な対象疾患

肺癌、転移性肺腫瘍、肺良性腫瘍、自然気胸、縦隔腫瘍、肺嚢胞性疾患、悪性胸膜中皮種、膿胸、気管・気管支狭窄、その他。

内視鏡センターへ

関連学会

日本外科学会、日本胸部外科学会、日本呼吸器外科学会、日本肺癌学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本内視鏡外科学会、日本気管食道科学会、日本臨床細胞学会、日本癌治療学会、日本臨床腫瘍学会、日本レーザー医学会、日本光線力学学会

施設認定
  • 日本外科学会施設認定
  • 日本呼吸器外科学会施設認定
  • 日本呼吸器内視鏡学会認定施設
  • 日本臨床腫瘍学会認定研修施設
  • 日本がん治療認定機構認定研修施設
  • 日本気管食道科学会認定研修施設