特色

呼吸器疾患は急性で比較的短期間の治療で改善するものから、慢性で長いお付き合いになるものなど、また薬物療法が主体となるものから外科的治療を必要とするものまで、疾患は多岐にわたっています。また内科に掛かったほうがよいのか外科に掛かったほうがよいのか患者さまご自身では判断に迷う場合もあります。そこで、診断・治療の効率化・迅速化を推進するために、内科(呼吸器)と呼吸器外科は、平成16年11月から外来診療を呼吸器センターとして同じフロアーで提供しています。診療に関しては、肺炎・肺癌・気管支喘息・慢性閉塞性肺疾患(COPD)(肺気腫、慢性気管支炎)・間質性肺炎(肺線維症)などあらゆる呼吸器疾患に呼吸器内科専門医が対応し、エビデンスに基づいたより専門性の高い診療が行える体制を取っています。

COPDに関しては、薬物療法だけでなく、必要な患者さまには呼吸リハビリテーションを取り入れ、患者さまの生活の質(QOL)に焦点を当てた包括的な治療を行っています。呼吸リハビリテーションでは、当初2週間は入院していただき、院内の各セクションと協力してさまざまな角度から介入し、患者さまとともに学習しながら呼吸リハビリテーションの導入をすすめてまいります。肺がんでは、診断・治療方針決定のための検査は通常1〜2週間で終了します。肺がんは進行度により治療方針が異なりますが、当科では、治療方針が抗がん剤による化学療法や放射線治療が主体となる患者さまの治療を担当します。抗がん剤による副作用を抑える薬を用いることにより、多くの症例で外来での化学療法が可能となっており、より多くの時間を有効に活用していただけるように配慮しております。さらに茨城県地域がん診療連携拠点病院として肺がん診療の向上に積極的に取り組んでいます。

呼吸器外科・放射線科・病理診断科との院内合同カンファレンスを毎週木曜日(17:00)に行っており、一つの診療科に偏ることなく総合的な視点から検討を行い、現在日本で提供できる最高水準の医療を常に提供できるよう研鑽に励むとともに、患者さまの目線に立った診療に努めています。

主な対象疾患

肺癌、肺気腫、COPD、肺炎、気管支喘息、間質性肺炎、睡眠時無呼吸症候群。

内視鏡センターへ