特色

近年、乳がん患者さまの増加は著しく、それに伴い診断や手術を含めた治療がさらに専門的となり大学病院では、先進的な医療を提供することが求められています。当センターでは乳腺疾患の早期発見・治療を行えるようにセンター内に診断用超音波装置を置いています。また、腫瘤(しこり)を触れない早期の乳がんに対し、マンモトーム装置を用いた生検により確実に診断できるようにしています。また、乳がんと診断された患者さまの身体的・精神的負担を最小限にしつつ確実な治療をおこなう目的で、従来からの乳房温存療法に加え、不必要な腋窩リンパ節郭清を省略する「RIと色素を用いたセンチネルリンパ節の同定と転移の検索」と、さらに美容的にも満足していただくよう「内視鏡下乳腺切除術・同時乳房再建術」を実施しております。

甲状腺外科では、特に甲状腺がんの患者さまに対して積極的な根治手術を施行していきます。また、「甲状腺がん術後放射線ヨード内用療法」を外来で行える、茨城県では数少ない施設です。

このように当センターでは乳腺・甲状腺外科診療を充実させ、優しく患者さまと向き合い診断・治療とも満足を得られる医療を遂行していきたいと考えております。セカンドオピニオンも行いますのでお気軽に御相談下さい。

主な対象疾患

乳癌、甲状腺癌、副甲状腺機能亢進症など。