診療理念
情熱のあるリハビリテーション医療を目指します
身体機能面での問題だけでなく日常生活上で困っていることなど、患者様やご家族様の声に耳を傾け、お悩みに対応できるリハビリテーションを心がけ常に患者様のほうを向いた医療を提供するよう努力します。
患者様の一生懸命を、充実した環境と最高のリハビリテーションスタッフが応援します!
患者様が楽しく心温まるリハビリテーションに取り組んでいただけるよう、私たちは心がけています。その中で患者様一人一人の喜びをともに感じてゆきたいと思っております。
急性期から在宅まで地域に密着したリハビリテーション医療を展開します
早期から集中的なリハビリテーション医療を提供し、家庭復帰と日常生活の自立に向けたプログラムを実践します。住み慣れた地域、在宅での生活を支援するお手伝いをします。
届出
  • 運動器リハビリテーションT
  • 脳血管リハビリテーションT
  • 心臓大血管リハビリテーションT
  • 廃用症候群リハビリテーションT
  • 呼吸器リハビリテーションT
指定

茨城県指定地域リハビリテーション広域支援センター

当院におけるリハビリテーション部門の役割
急性期リハビリテーション
四肢の骨折・変形性関節症・脳卒中・急性呼吸不全など初期治療を終えた後、できるだけ早期にリハビリテーションを開始します。障害によって生じた疼痛や関節可動域・筋力などの機能改善を図ります。また、起き上がりや立ち上がりなどの基本動作・歩行ならびに日常生活動作などの能力改善を図ります。必要に応じて義肢装具・歩行補助具・福祉用具などの選定を行います。
地域包括ケア病棟でのリハビリテーション
急性期より引き続き機能改善を図り、自宅退院を目指すために必要な日常生活動作練習を重点的に実施します。また、院内外の居宅介護事業所との連携を図り、必要に応じて医師・看護師・メディカルソーシャルワーカー・ケアマネージャーとの担当者会議を開催します。情報交換を通して患者様の退院後の在宅環境調整を行い、早期の自宅退院を図ります。
生活期(維持期)リハビリテーション
自宅退院後の日常生活動作に関連した関節可動域や筋力などの機能維持、動作の確認・指導などを実施します。また、利用者様の身体状況に応じた歩行補助具・福祉用具の見直し、義肢装具の使用状況などの確認を行います。医師・看護師・介護福祉士との通所リハビリテーション会議にて利用者様の身体状況を確認し、自宅退院後の日常生活を支援いたします。