産婦人科専用ホームページ

当科が参加している臨床研究
1)JGOG9002S婦人科がん死亡症例に関する詳細調査 -終末期における化学療法継続性の可否を判断する根拠の確立を目指して-
  • 研究実施期間:平成29年9月11日〜平成29年9月30日
  • 臨床研究責任医師:産婦人科 科長・教授 藤村正樹
目的:
終末期における化学療法継続性の可否を判断する根拠の確立を目指した婦人科がん死亡症例に関する詳細調査
対象:
2012年1月1日?2014年12月までの当科に於ける婦人科がん死亡患者
研究方法:
本課題の登録対象患者に該当する被験者を対象に、本課題に登録される被験者の診療情報項目について、各施設の研究分担者は2012年1月から2014年12月までの診療録から情報を入手し連結可能匿名化する。各施設の研究分担者は、患者IDと被験者識別コードの対応表を作成し、各施設において厳重に保管する。各施設の研究分担者は情報を指定のWeb-siteに入力する。症例番号は施設名と連続した通し番号で記入する。カルテ番号、イニシャルなど患者を特定できる情報は用いない。入力データは研究終了後も連結不可能匿名化された状態で保管管理される。
2)JGOG9003S 本邦における65歳以上の高齢者に対する婦人科がん治療における現状と問題点の調査研究
  • 研究実施期間:平成29年9月11日〜平成29年9月30日
  • 臨床研究責任医師:産婦人科 科長・教授 藤村正樹
目的:
本邦における65歳以上の高齢者に対する婦人科がん治療における現状と問題点の調査
対象:
2015年1月から2015年12月までの診療録から65歳から74歳の前期高齢者と75歳から84歳の後期高齢者と85歳以上の超高齢者初発婦人科患者について以下の情報を収集する。
研究方法:
JGOG参加施設を対象に、本課題の登録対象患者に該当する被験者に対して本課題に登録される被験者の診療情報孝置くについて各施設の研究分担者は2015年1月から2015年12月までの診療録から情報を入手し連結可能匿名化する。各施設の研究分担者は患者IDと被験者識別コードの対応表を作成し各施設において厳重に保管する。各施設の研究分担者は情報を指定のWeb-siteに登録する。症例番号は施設名と連続した通し番号で記入する。カルテ番号、イニシャル等患者を特定出来る情報は用いない。入力データは研究終了後も連結不可能匿名化された状態で保管管理される。

※研究対象となられる患者様およびご家族様で、試験への参加を希望されない場合は、臨床研究責任医師(産婦人科 科長・教授 藤村)まで、ご連絡下さい。

産婦人科専用ホームページ