特色

主として消化器疾患(上下部消化管良悪性疾患、肝胆膵良悪性疾患、炎症性腸疾患など)の外科治療、一般外科・肛門良悪性疾患の外科治療などを実施しています。また当教室の理念である、診断から診療、そして終末期までの医療を担当するとの考えから、病気を治すだけでなく、患者様を癒すこと、即ち、根治性を保ちつつQOLを考えた治療を心掛けております。消化器疾患の診断(レ線学的、内視鏡学的、病理学的)、そして消化管の機能診断、治療法としては、外科療法はもちろん、腹腔鏡下手術も適応を考慮したうえで、積極的に取り入れています。また、内視鏡的治療法、悪性疾患に対する化学療法などに力を入れており、総合的な観点から患者様主体の治療を進める体制が整っています。

主な対象疾患

食道癌、胃癌、GIST 等、結腸直腸癌、肝癌、膵癌、胆道癌、胆石、ヘルニア、肛門疾患、腹腔内炎症疾患。