かかりつけ医のすすめ

東京医科大学茨城医療センター消化器内科は、救急・紹介・専門外来を中心とした急性期医療を担い、地域医療機関との役割分担をおこなうとともに、「かかりつけ医」と連携して、患者様への充実した医療の提供を目指しています。

「かかりつけ医」とは?

日常的な診療や健康管理などを行ってくれる身近な医師のことを「かかりつけ医」と呼んでいます。気軽に健康についての相談に応じてくれたり、病状によって、適切な医療機関を紹介してくれたりします。病院の医師は、「かかりつけ医」の紹介にもとづき、必要な検査や治療を行い、可能であれば再び「かかりつけ医」に逆紹介を行います。こうして病院と診療所の役割分担を進めてまいります。当科でも「かかりつけ医」からの紹介の患者様を優先して診察します。

患者様が「かかりつけ医」からの紹介状をお持ちの場合
(1)短い待ち時間で診察を受けることができます。
(2)初診に係わる特別の料金(初診時特定療養費)3,150円(平成24年4月より)がかかりません。
当科外来では、次の順に診察の待ち時間が短くなります
(1)「かかりつけ医」からの紹介状をお持ちで、「かかりつけ医」から事前予約がある患者様
(2)「かかりつけ医」からの紹介状をお持ちで、事前予約がない患者様
(3)再診予約されている患者様
(4)初診で、ご自分で電話予約された患者様
(5)再診予約も紹介状もない患者様など(状況によっては受付できないことがあります)

*ただし、急患の場合はこの限りではありません。また、緊急性はないもののとりあえず予約無しで受診したが、本日は時間があまりないという方、かかりつけ医のいない方については、当院と連携している医療機関をご紹介いたします。