当科は、呼吸器内科とともに肺がん、悪性中皮腫(胸膜・腹膜)などの呼吸器腫瘍を中心に外来および入院にての診療を行っており、肺がんについては多施設共同臨床試験に関して、企画および参加をしています。また当科が中心となり外来化学療法センターの管理を行っており、ほぼすべての固形がん・腫瘍全体に対する診療、特に抗がん剤治療に対して、医師を含めた医療スタッフのみならず、患者さんからの相談に対応しています。免疫チェックポイント阻害剤の登場など、最近のがん薬物療法は急速に進歩しているため、最新のエビデンスにあわせ、がん薬物療法を安全かつ適切に遂行できるようにサポートおよびマネージメントするためのチームも立ち上げ、活動を開始しています。さらに薬剤また各種がん治療に対するセカンドオピニオン、新規抗がん剤治療に関する情報発信、抗がん剤治療に伴う副作用対策(特に薬剤性肺障害・間質性肺炎)についても対応しているため、お気軽にご相談下さい。