入院される患者様へ

平成28年4月1日より入院費の計算方法が変わりました

当院は、厚生労働省からの指定を受け、平成28年4月1日からDPC対象病院となりました。

DPCの制度的なメリットとしては、無駄のない効率的な医療の追求により医療費の抑制が計れ、良質な医療、効率的・効果的な医療、医療の透明化等を図る目的で実施されるものです。

これに伴い、入院費の計算方法がこれまでの「出来高方式」から「DPC/PDPS方式」と呼ばれる新しい計算方式へと変わりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

従来の診療行為ごとに積算して診療費を計算する「出来高方式」とは異なり、入院患者様の病名、症状、治療内容をもとに厚生労働省が定めた診断群分類ごとに1日当たりの定額料金からなる包括評価部分(投薬、注射、検査、画像診断、入院料等)と、出来高評価部分(手術・麻酔・リハビリ・指導料等)を組み合わせて計算する新しい方式です。

また、包括評価部分は、1日当たり点数(3段階の階段設定)に在院日数と医療機関ごとに設定された係数(医療機関別係数)を乗じて算出され、対象期間以降はこれまで通りの出来高方式による算定となります。

「DPCの対象となる方」

平成28年4月1日以降に入院される患者様が対象になります。

「DPCの対象外となる方」
  • 南4階(地域包括ケア病棟)にご入院の患者様。
  • 労災・公務災害など他制度に該当する患者様。
  • お産・交通事故等の自費診療に該当する患者様。
  • ご入院後24時間以内に亡くなられた方、生後7日以内に亡くなられた方 等

※歯科口腔外科にご入院の場合には、これまで通り出来高方式での計算となります。