お薬の服用時間について
お薬の服用時間は、お薬の吸収や効果などの性質に基づいて決められています。
お薬の中には、食事によって影響を受けるものがありますので、必ず、医師または薬剤師の指示を守って服用してください。

代表的な服用方法を以下に示します。

お薬の服用方法
服用時間 服用方法
食後に服用 食事が終った後、約30分以内に服用してください。空腹時を避けたい場合や食後に服用する習慣をつけて飲み忘れを防ぐ理由があります。
食前に服用 食事の約30分前に服用してください。お薬の吸収、効果に考えて空腹時と指示されています。
食間に服用 食事の約2時間後に服用してください。食事の内容物や他のお薬などに、影響されないようにする理由などあります。
寝る前(就寝前)に服用 寝る直前か、約30分前に服用してください。お薬の効く時期を考慮して服用される。
頓服で服用 症状や必要に応じて服用してください。(食事に関係なく)例えば、発熱時・頭痛時・便秘時・吐き気時などです。

注意

他の服用方法もありますので、お薬をもらう時には必ず薬剤師に確認または相談してください。

お薬の服用時に注意すること
  • 処方されたお薬は自分だけのお薬です。
    お薬は、その都度ご自身の症状に合せて処方されており、体調が良いと言って自己判断して用法・用量を変更または中止したりしないでください。また、他の人が同じ症状であっても自分のお薬を上げたりしないこと。
  • 飲み薬は、原則コップ1杯の水かぬるま湯で服用しましょう。(水なし服用タイプは除外)
    1部のお薬は、飲み物によってお薬の作用が増減されたり、副作用の出現の可能性がありますので、お薬をもらう時にはお薬と飲み合わせ、食べ物・飲み物との影響(相互作用)を薬剤師に確認してください。
  • お薬を勝手に砕いたり、カプセルを開けたりして服用するとお薬の効果が変動したり副作用が出現する場合があるのでやめましょう。
  • お薬の保管は、高温・湿気・直射日光を避けてください。
  • お薬を使用して異常を感じた場合は、すぐに医師・薬剤師に連絡してください。
薬との上手な付き合い方
お薬手帳・写真付き薬剤情報書などを活用する。
お薬手帳とは、ご自身が今まで服用したり使用したお薬の名前や量、そして過去に経験した副作用など記録する為の手帳であり、ご自身の薬歴を管理する上で重要であります。
また、写真付き薬剤情報書でご自身のお薬の作用(特徴)や注意事項を、服用する上で、しっかり知って理解しておくことも大切です。何か気になることがある場合は、薬剤師に確認または相談するようにして、上手にお薬と付き合っていきましょう。
点眼薬のさし方
  • まず手を流水とせっけんでよく洗います。
  • 下まぶたを下にひっぱってポケットを作り、容器の先端がまぶたの縁やまつげに触れないように点眼します。(あっかんべーの状態)
  • 点眼後はまぶたを閉じ、しばらくまばたきをしないで目をつぶっておきます。
  • あふれた液は、清潔なガーゼやティッシュで拭き取ってください。

注意

他の点眼液も使う場合は、5分以上間隔をあけてください。

点眼し忘れた場合は、気がついたとき、すぐに1回分を点眼してください。ただし、次に点眼する時間が近い場合には点眼せず、次の通常の時間に1回分を点眼してください。

2回分を一度に点眼しないでください。

医師の指示なしに、自分の判断で点眼するのを中止せず、必ず指示された用法・用量に従ってください。

手術・検査前に注意する医薬品について
抗血小板薬、抗凝固剤、低用量ピル(経口避妊薬)、経口糖尿病薬は原則手術前に投与中止が必要です。
投与中止期間は目安のため、手術の種類、侵襲の程度、患者リスクによって異なる場合があります。
手術・検査を受けられる患者は、抗血小板薬、抗凝固薬、低用量ピル(経口避妊薬)、経口糖尿病薬を服用されている患者様は、主治医にご相談下さい。
抗凝固剤
製品名 中止
目安
剤型見本 機序・理由
注意事項
ワーファリン錠
0.5mg・1mg・5mg・顆粒
ワルファリンカリウム
5日前 ビタミンK依存性
血液凝固因子の生合成阻害
プラザキサカプセル
75mg・100mg
ダビガトラン
1日前
大手術2日前
直接的トロンビン合成阻害
イグザレルト錠
10mg・15mg
リバーロキサバン
1日前 血液凝固第]a因子を阻害し、トロンビンの生成を抑制
エリキュ−ス錠
2.5mg・5mg
アピキシバン
1日前 血液凝固第]a因子を阻害し、トロンビンの生成を抑制
リクシアナ錠
15mg・30mg・60mg
エドキサバントシル酸塩
1日前 血液凝固第]a因子を阻害し、トロンビンの生成を抑制
抗血小板剤
製品名 中止
目安
剤型見本 機序・理由
注意事項
バファリン配合錠A81
バイアスピリン錠100mg
アスピリン
7-10日前 トロンボキサンA2合成阻害
血小板凝集を不可逆的阻害
タケルダ錠
アスピリン+ランソプラゾール
7-10日前 トロンボキサンA2合成阻害
血小板凝集を不可逆的阻害
プラビックス錠25mg・75mg
硫酸プロピドグレル
14日前 ADP受容体を介して不可逆的に血小板凝集を抑制
後発医薬品あり
エフィエント錠
3.75mg・5mg
プラスグレル塩酸塩
14日前 ADP受容体を介して不可逆的に血小板凝集を抑制
パナルジン錠
100mg・細粒10%
塩酸チクロピジン
7-10日前 cAMPを高めることにより血小板凝集を抑制
後発医薬品あり
コンプラビン錠
アスピリン+クロピドグレル
14日前 ADP受容体を介して、又、COXを介して不可逆的に血小板凝集を抑制
プレタールOD錠
50mg・100mg
シロスタゾール
3日前 ホスホジエステラーゼ3阻害を介してのトロンボキサンA2生成抑制により血小板凝集を抑制
後発医薬品あり
ドルナー錠20μg
ベラプロストナトリウム
1日前 PGI2受容体を介してアデニルシクラーゼ活性化、cAMP上昇、トロンボキサンA2生成抑制により血小板凝集抑制
後発医薬品あり
プロサイリン錠20μg
ベラプロストナトリウム
1日前
オパルモン錠5μg
リマプロストアルファデクス
1日前 cAMPを増加、トロンボキサンA2生成抑制により血小板凝集を抑制
後発医薬品あり
その他
製品名 中止
目安
剤型見本 機序・理由
注意事項
アンプラーグ錠
50mg・100mg
塩酸サルポグレラート
1日前 5-HT受容体拮抗作用により、抗血小板作用、血管収集抑制作用を示す
後発医薬品あり
エパデールカプセル300
エパデールS300・600・900
イコサペント酸エチル
7-10日前 トロンボキサンA2生成抑制により血小板凝集を抑制
後発医薬品あり
ペルサンチン錠
12.5mg・25mg・100mg
ジピリダモール
2日前 ホスホジエステラーゼ活性阻害による血小板凝集抑制作用を示す
後発医薬品あり
ペルサンチン-Lカプセル
150mg
ジピリダモール
2日前 ホスホジエステラーゼ活性阻害による血小板凝集抑制作用を示す
コメリアンコーワ錠
50mg・100mg
塩酸ジラセフ
3日前 ホスホジエステラーゼ活性阻害による血小板凝集抑制作用を示す
後発医薬品あり
ロコルナール錠
50mg・100mg
塩酸トラピジル
3〜4日前 トロンボキサンA2生成抑制により血小板凝集を抑制
後発医薬品あり
セロクラール錠
10mg・20mg・細粒
イフェンプロジル酒石酸塩
1日前 血小板粘着能抑制
後発医薬品あり
ケタスカプセル10mg
イブジラスト
3日前 ホスホジエステラーゼ活性阻害による血小板凝集抑制作用を示す
後発医薬品あり
ベガ錠100mg・200mg
オザグレル塩酸塩
1日前 トロンボキサンA2生成抑制により血小板凝集を抑制
後発医薬品あり
ドメナン錠100mg・200mg
オザグレル塩酸塩
1日前 トロンボキサンA2生成抑制により血小板凝集を抑制
後発医薬品あり
経口避妊薬
製品名 メーカー 製剤写真
ファボワール錠28 富士製薬
ファボワール錠21 富士製薬
マーベロン21 MSD
マーベロン28 MSD
ヤーズ配合錠 バイエル
オーソM-21錠 持田
ルナベル配合錠LD 日本新薬
ルナベル配合錠ULD 日本新薬
オーソ777-21錠 持田
シンフェーズT28錠 科研
アンジェ21錠 あすか製薬
アンジェ28錠 あすか製薬
トリキュラー錠-21 バイエル
トリキュラー錠-28 バイエル
ラベルフィーユ21錠 富士製薬
ラベルフィーユ28錠 富士製薬
ページ先頭へ