平成29年度 院内医療安全ラウンドがはじまりました。

2017年 08月 16日

リスクマネージャーによる院内医療安全ラウンドが、今年も6月から始まりました。これは、患者さんの安全確保のため、職員の医療安全への意識の向上、医療安全に係る具体的方策の実施状況の確認および周知徹底を目的としています。医師部門、看護部門、技師部門、事務部門の各ジェネラルリスクマネージャー・リスクマネージャー総勢66名が、グループを組んでラウンドを行います。5月は外来で使用する車椅子の点検、6月は中央2階病棟と中央3階病棟、7月は中央4階病棟と集中治療室をラウンドしました。

救急コールや救急カート点検の徹底や、医師の指示受け体制、薬剤金庫の鍵の管理等、各病棟ルールを守りながら業務を行っている状況が確認できました。

ページ先頭へ

第151回 安全管理部門によるグランドカンファレンスを開催しました。

2017年 08月 16日

医療機器安全管理者より「経皮的動脈血酸素飽和度モニタリングのコツ」について、医薬品安全管理責任者より「麻薬管理の再確認」について、安全管理室長より「医療事故調査制度について」「個人情報保護」についての講演会を行いました。

医療機器については、正確な情報を得るための適切で安全な取り扱い方法についての再確認を行いました。麻薬については、麻薬成分から法律で規制されている麻薬の取り扱いについて、有用性と社会的障害について振り返りを行いました。医療事故調査制度については、平成27年10月より施行された制度についての再周知、また緊急時の対応について具体的に提示しながら、患者様とご家族様を最優先に対応することについて、情報共有しました。

グランドカンファレンスは、病院として患者様への安心・安全を提供する上で重要な情報共有の場となっており、全職員が参加します。これからも医療安全に積極的に取り組み、医療の質の向上につとめていきたいと思います。

ページ先頭へ

平成29年度新入職員オリエンテーションが行われました。

2017年 06月 07日

平成29年5月27日(土)、安全管理をテーマとした新入職員オリエンテーションが行われました。輸血部川村さんによる「輸血に関する安全管理」についての講義の他、救急看護認定看護師石川さんによる「BLS・AED」、また「静脈血栓塞栓症予防」日本コヴィディエン、「輸液ポンプ・シリンジポンプの正しい取扱い」テルモ株式会社のスタッフの方々にご協力頂き、講義および実技トレーニングを行いました。4月に入職して約3ヶ月、新入職者の表情はまだ緊張ぎみでしたが、実技トレーニングでは興味関心の目で積極的に取り組んでいる様子が印象的でした。

ページ先頭へ