通常の業務で想定される個人情報の利用目的
【患者さん等への医療の提供に必要な利用目的】
  1. センター内での利用

    当センターで患者さん等(検診・健診・ドックを含む)に提供する医療

    医療保険事務

    患者さんに係る管理運営業務のうち、

    • 入退院等の病棟管理
    • 会計・経理
    • 質向上・安全確保・医療事故あるいは未然防止等の分析・報告
    • 患者さん等への医療サービスの向上
    • 院内がん登録への情報登録及び利用
  2. 他の事業者等への情報提供

    当センターが患者さん等に提供する医療のうち、

    • 他の病院、診療所、助産所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
    • 他の医療機関等からの照会への回答
    • 患者さん等の診療等に当たり、外部の医師等の意見・助言を求める場合
    • 検体検査業務の委託・その他の業務委託
    • 家族等への病状説明

    医療保険事務のうち、

    • 保険事務の委託
    • 審査支払機関又は保険者へのレセプトの提出
    • 審査支払機関又は保険者からの照会への回答

    事業者等からの委託を受けて健康診断等を行った場合における、事業者等へのその結果の通知

    医師賠償責任保険などに係る、医療に関する専門の団体、保険会社等への相談又は届出等

    第3者機関への質向上・安全確保・医療事故対応・未然防止等のための報告

  3. 【上記以外の利用目的】
  4. センター内での利用

    医療機関等の管理運営業務のうち、

    • 医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
    • 医師・看護師・薬剤師・検査技師・放射線技師・理学療法士・栄養士・医療事務等の学生実習への協力
    • 医師・看護師・薬剤師・検査技師・放射線技師・理学療法士・栄養士等の教育・研修
    • 症例検討・研究および剖検・臨床病理検討会等の死因検討
    • 研究、治験及び市販後臨床試験の場合。関係する法令、指針に従い進める。
    • 治療経過および予後調査、満足度調査や業務改善のためのアンケート調査
  5. 学会・医学誌等への発表

    特定の患者・利用者・関係者の症例や事例の学会、研究会、学会誌等での報告等に、氏名、生年月日、住所等を消去することで匿名化する。匿名化困難な場合は、本人の同意を得る。

  6. 専門医や特定の資格の認定や更新のための学会提出資料

    専門医の取得・更新や認定看護師更新等における届出等に、学会が求める場合にイニシャルや患者IDを記載

  7. 他の事業者等への情報提供を伴う事例

    当センターの管理運営業務のうち、

    • 外部監査機関への情報提供
    • 当該利用者に居宅サービスを提供する他の居宅サービス事業者や居宅介護支援事業所等との連携(サービス担当者会議等)、照会への回答

平成17年4月1日     東京医科大学霞ヶ浦病院 院長

平成21年4月1日改訂   東京医科大学茨城医療センター センター長

平成22年3月11日改訂   東京医科大学茨城医療センター センター長

平成25年2月1日改訂   東京医科大学茨城医療センター 病院長