平成28年度 東京医科大学茨城医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 256 137 167 352 608 941 2059 2262 1366 315
幅広い年齢層で退院(入院)がありました。
平均年齢は64.4歳でした。年齢区分別では70歳代の割合が一番多く全体の27%を占めています。次いで60歳代が24%。
60歳以上の割合が全体の71%(70歳以上の割合では全体の47%)となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科(代謝内分泌内科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 35 15.26 14.61 0.00 64.20
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 34 16.97 16.31 0.00 61.71
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 19 19.68 16.40 0.00 59.84
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 13.78 - -
100060xx99x100 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 - - 13.46 - -
2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)の件数が最も多く上位3例で88件50.9%でした。次に糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 定義副傷病なし、1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満の順でした。
平均在院日数は全国平均よりもいずれも長くなっています。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 3、4又は5 12 19.33 20.18 0.00 68.08
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 20.55 9.36 0.00 39.09
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 11.36 7.12 9.09 65.00
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 11 4.27 5.24 0.00 72.91
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 18.71 - -
神経内科は、脳・脊髄・末梢神経・筋肉の病気の診断、内科的治療を実施。脳梗塞などの脳血管障害、パーキンソン病などの神経変性疾患、多発性硬化症などの神経免疫疾患に重点をおいて診療しています。
脳梗塞のDPCコードは細分化されております。上位5分類に入らない分類もすべて含めると51件31.5%でした。
最も件数の多い「脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 3、4又は5」とはエダラボンという脳保護薬を用いて、主な治療を行った件数です。
平均在院日数は全国平均よりも長くなっているものもあります。転院先の医療機関の受け入れ態勢(ベッドの空き待ち等)に時間がかかっていることも原因の1つです。急性期から慢性期へと患者の状態にあった適切な医療機関での治療を要する場合が多いためです。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)
内科(呼吸器)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 57 3.09 3.68 0.00 70.28
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 10.71 14.83 16.13 70.61
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 31 20.00 12.35 0.00 67.55
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等29あり 23 13.57 10.76 0.00 64.83
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 19 26.05 19.92 52.26 71.47
肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なしの件数が最も多く57件13.5%でした。次に肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なしの件数が31件7.3%、肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なしの件数が31件7.3%でした。肺の悪性腫瘍での入院は上位5位までに142件33.6%でした。いずれも化学療法目的の入院でした。
肺の悪性腫瘍の全てのDPCコードの合計は202件47.8%であり、内科(呼吸器内科)にとって最も多い疾患となっています。
内科(消化器)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 55 18.36 11.06 1.82 76.40
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 45 13.64 11.74 2.22 71.76
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 35 13.69 9.93 0.00 74.20
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 34 7.88 9.02 0.00 75.26
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 34 9.12 7.89 0.00 58.41
胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なしの件数が最も多く55件6.2%でした。次に肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なしの件数が45件5.0%、胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしの件数が35件3.9%、胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なしが34件、3.8%、穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし38件3.8%の順でした。
内科(消化器)の症例で最も多い入院の分類は内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術2cm未満です。これは短期滞在手術等基本料3であり集計対象外のため載せていませんが、152件ありました。
内科(腎臓)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 27 27.67 37.06 14.81 67.93
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 15.00 12.84 16.67 65.00
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし - - 12.43 - -
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし - - 7.58 - -
110280xx97x10x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 その他の手術あり 手術・処置等21あり 副傷病なし - - 22.57 - -
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21ありの件数が最も多く27件18.0%でした。次に慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なしの件数が12件8.0%、次に腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし12件8%、慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし、慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 その他の手術あり 手術・処置等21あり 副傷病なしの順でした。
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全の全てのDPCコードの合計は60件40.0%であり、内科(腎臓)にとって最も多い疾患となっています。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)
内科(感染症)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 33 18.55 12.43 3.03 81.00
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 23.70 21.25 18.52 84.19
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 18 25.17 19.24 5.56 81.22
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 17 12.29 15.29 0.00 85.00
0400801499x003 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア3 13 27.92 17.43 7.69 87.38
腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なしの件数が最も多く33件14.3%、次に誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし27件11.7%、敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし18件、7.8%、肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア217件、7.4%、肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア313件、5.6%の順でした。
平均在院日数も全国平均より長くなっています。重症な肺炎患者や合併症を持つ患者を多く入院させている等患者の状態によるものです。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 69 10.06 12.73 0.00 69.28
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 36 10.22 12.35 0.00 67.28
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等28あり 25 7.88 12.01 0.00 68.32
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等29あり 16 8.13 10.76 0.00 70.50
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 12.00 14.83 7.14 72.36
上位はいずれも肺の悪性腫瘍であり、「手術あり」の件数が最も多く69件25.2%でした。次に「手術・処置等24あり」(化学療法あり)の件数が36件13.1%、手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等28あり(手術なし、化学療法等28あり)の件数が25件9.1%、手術・処置等1なし 手術・処置等29あり16件5.8%、手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし14件5.1%でした。
手術・処置等2が「4あり」、「8あり」、「9あり」とはいずれも化学療法目的で入院した件数です。
肺の悪性腫瘍の全てのDPCコードの合計は190件69.3%であり、呼吸器外科にとって最も多い疾患となっています。
平均在院日数は全国平均よりも短くなっています。
外科(消化器)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 49 16.96 15.92 0.00 71.96
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 23 9.39 6.82 0.00 59.30
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 22 18.09 17.65 0.00 69.05
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 8.57 11.06 4.76 75.81
060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 15.20 17.98 0.00 67.50
結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なしの件数が最も多く49件7.4%でした。次に胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等の件数が23件3.5%、胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし22件3.3%、胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし21件3.2%、直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 副傷病なし20件3.0%でした。
胃の悪性腫瘍の全てのDPCコードの合計は74件10.3%であり、外科(消化器外科)にとって最も多い疾患となっています。
平均在院日数は全国平均より短くなっている分類、長くなっている分類の両方があります。患者の状態によるものです。
外科(消化器)の症例で最も多い入院の分類は鼠径ヘルニア手術(15歳以上)で70件10.5%です。(短期滞在手術等基本料3で集計対象外のため載せていません。)
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 148 3.18 3.06 0.00 67.38
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 146 5.33 4.71 0.68 69.43
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 51 9.33 5.85 3.92 73.31
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 11.27 13.02 0.00 67.17
050080xx9900xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 27 19.41 13.52 3.70 85.41
狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なしの件数が最も多く148件19.7%でした。次に狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なしの件数が146件17.1%、閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なしの件数が51件6.8%、急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし30件4.0%、弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし27件3.6%でした。
狭心症、慢性虚血性心疾患の全てのDPCコードの合計は338件44.9%であり、循環器内科にとって最も多い分類となっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 35 5.74 5.79 0.00 5.97
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 6.38 6.42 0.00 3.44
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 19 5.32 6.02 0.00 1.00
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 5.71 6.18 5.88 0.00
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし - - 12.43 - -
肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしの件数が最も多く35件19.4%でした。次に肺炎、喘息 手術・処置等2なし 副傷病なしの件数が32件17.8%、急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし19件10.6%、妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし17件8.9%、腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なしの順でした。平均在院日数は全国平均と同等か短くなっています。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 74 49.35 27.63 20.27 81.39
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 60 42.08 20.57 3.33 78.25
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 27 32.74 17.99 3.70 72.19
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 27 7.22 5.49 0.00 49.22
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方又は後側方固定等 手術・処置等1なし 22 33.91 22.69 4.55 63.45
股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等の件数が最も多く74件11.5%でした。次に胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なしの件数が60件9.3%、前腕の骨折の件数が28件4.3%、脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし27件4.2%、前腕の骨折 手術あり 副傷病なし27件4.2%、脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方又は後側方固定等 手術・処置等1なし22件、3.4%の順でした。いずれも平均在院日数は全国平均より長くなっています。
股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等の分類は状態が安定してくる(急性期を脱する)と転院することが多くなるため、転院率が20.27%と高くなっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 38 24.13 19.35 42.11 68.79
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 23 2.22 3.20 0.00 60.09
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 14.57 9.87 17.39 78.30
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 9.26 11.83 5.26 79.11
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 3、4又は5 16 22.13 20.18 18.75 70.50
非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしの件数が最も多く38件8.8%でした。次に未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なしの件数が23件5.3%、頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし23件5.3%、非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 副傷病なし19件4.4%、脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 3、4又は5 16件3.7%の順でした。脳梗塞の全てDPCコードの合計は88件20.4%であり、脳神経外科にとって最も多い分類となっています。
平均在院日数は全国平均よりも長くなっているケースは転院先の医療機関の受け入れ態勢(ベッドの空き待ち等)に時間がかかっていることも原因の1つです。脳神経外科は転院率も高くなっています。急性期から慢性期へと患者の状態にあった適切な医療機関での治療を要する場合が多いためです。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 140 7.96 8.96 0.00 68.81
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 70 12.89 11.97 0.00 66.70
080190xxxxxxxx 脱毛症 18 4.06 3.72 0.00 41.44
080090xxxxxxxx 紅斑症 16 23.94 10.37 0.00 48.75
080110xxxxx0xx 水疱症 手術・処置等2なし - - 30.11 - -
帯状疱疹の件数が最も多く140件45.5%でした。次に急性膿皮症 手術なしの件数が70件22.7%、脱毛症18件5.8%、紅斑症16件5.2%、水疱症 手術・処置等2なしの順でした。平均在院日数は一番件数の多い帯状疱疹の分類は全国平均よりも短いですが、それ以外は長くなっています。重症度の高い症例を多く診ている事などがその理由です。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 74 7.91 9.98 0.00 73.27
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 46 7.48 7.44 0.00 72.91
110080xx9905xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等25あり 32 9.38 11.54 0.00 72.84
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 23 6.35 5.83 0.00 61.00
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 17 16.00 11.72 0.00 68.76
前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術の件数が最も多く74件18.4%でした。次に膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なしの件数が46件11.4%、前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等25ありの件数が32件8.0%、上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし23件5.7%、膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし17件4.2%の順でした。
泌尿器科の症例で最も多い入院の分類は前立腺針生検目的です。前立腺針生検(短期滞在手術等基本料3)は集計対象外のため載せていませんが、85件ありました。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 34 3.53 5.12 0.00 51.47
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 28 3.68 4.92 0.00 59.54
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 23 11.43 13.29 0.00 55.00
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 23 7.96 10.36 0.00 49.91
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 22 9.18 10.05 0.00 42.91
子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なしの件数が最も多く34件10.8%でした。次に卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なしの件数が28件8.9%、子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なしの件数が23件7.3%、卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等23件7.3%、子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等22件7.0%でした。いずれも平均在院日数は全国平均よりも短くなっています。
「子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし」や「卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし」とは化学療法で入院した件数です。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 64 6.14 8.27 0.00 57.67
020210xx97x0xx 網膜血管閉塞症 その他の手術あり 手術・処置等2なし 56 6.52 8.02 0.00 59.27
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 52 6.58 10.53 0.00 54.67
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 51 6.24 7.72 0.00 67.47
020200xx9702xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 27 1.04 3.70 0.00 68.52
糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼の件数が最も多く64件15.8%でした。次に網膜血管閉塞症 その他の手術あり 手術・処置等2なしの件数が56件13.8%、網膜剥離 手術あり片眼が52件12.8%、黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし51件12.6%、黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり27件6.7%でした。平均在院日数は全国平均よりもいずれも短くなっています。
また、眼科の症例で最も多い入院の疾患は白内障です。白内障の手術(短期滞在手術等基本料3)は集計対象外のため載せていませんが、484件ありました。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 43 4.91 5.24 0.00 65.44
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 35 8.86 7.47 0.00 51.83
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 30 8.43 8.12 0.00 16.60
030428xxxxxxxx 突発性難聴 26 8.58 9.37 0.00 62.15
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 21 6.24 5.50 0.00 34.81
前庭機能障害 手術なしの件数が最も多く43件13.8%でした。次に 慢性副鼻腔炎の件数が35件11.2%、扁桃、アデノイドの慢性疾患の件数が30件9.6%、突発性難聴26件8.3%、扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし21件6.7%でした。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 17 4.59 5.94 0.00 57.00
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし 11 3.82 5.11 0.00 50.73
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 5.80 - -
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり - - 6.76 - -
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - - 8.78 - -
骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なしの件数が最も多く17件19.3%でした。次に骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なしの件数が11件12.5%、顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし、その他の新生物 手術あり、皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なしの順となります。いずれも手術目的の入院です。平均在院日数は全国平均よりも短くなっています。「その他の新生物」とは皮膚腫瘍、眼瞼腫瘍等です。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)
外科(乳腺)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x3xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等23あり 18 10.78 9.06 0.00 54.00
090010xx01x3xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等23あり - - 18.03 - -
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし - - 6.59 - -
090010xx02x3xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等23あり - - 15.12 - -
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし - - 9.27 - -
乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等23ありの件数が最も多く18件26.1%でした。次に乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等23あり、乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし、乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等23あり、甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なしの順でした。
乳房の悪性腫瘍 の全てのDPCコードの合計は56件81.2%であり、外科(乳腺科)にとって最も多い疾患となっています。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - 17 77 45 1 7
大腸癌 - - - - 103 35 1 7
乳癌 13 20 - - 13 - 1 7
肺癌 31 - 54 130 29 129 1 7
肝癌 - - - - 22 105 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【初発の5大がんのUICC病期分類ならびに再発患者数の集計方法と定義について】

5大癌とは、肺癌、胃癌、肝癌、大腸癌、乳癌のことを指しています。

集計期間に入院治療を行なった患者さんについて、初発(患者)は病期分類ごとに集計し、再発(患者)は期間内の実患者数を示しています。
当院においてがんの診断・初回治療を行った場合を「初発」とし、初回治療以降の継続治療を行った場合を「再発」としています。

UICC病期分類(注1)のTNM分類(注2)と癌取扱い規約に基づくがんのStage分類から算出しています。
10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)


(注1)UICCとは
UICCはラテン語のUnio Internationalis Contra Cancrumnoの頭文字で国際対がん連合のこと
引用元:UICC(国際対がん連合)日本委員会HPより

(注2)TNMとは
TNMの3つの構成要素の評価に基づいて、病変の解剖学的広がりの範囲のこと
 T:原発腫瘍の広がりの評価
 N:所属リンパ節への転移の有無と広がりの評価
 M:遠隔転移の有無の評価
病期分類Stage0~StageⅣは、これらを組み合わせてまとめたものです。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 82 19.1 78.7
重症 32 24.8 85.0
超重症 16 28.2 76.1
不明 0 0.0 0.0
【対象患者】
入院契機傷病名および最も医療資源を投入した傷病名のICD10コード(注)がJ13$~J18$で始まる症例

(注)ICD10コードとは「疾病及び関連保健問題の国際統計分類:International Classification of Diseases and Related health problem(以下「ICD10」と略)」とは、異なる国や地域から、異なる時点で集計された死亡や疾病のデータの体系的な記録、分析、解釈及び比較を行うため、世界保健機関憲章に基づき、世界保健機関(WHO)が作成した分類法です。

【用語に対する説明】
成人:15歳以上の男女
市中肺炎:通常の社会生活の中で発生した肺炎です。通常、インフルエンザによる肺炎も含めますが、今回は除外して算出することになっているため入っておりません。
肺炎の重症度:成人市中肺炎診療ガイドライン 日本呼吸器学会「呼吸器感染症に関するガイドライン」に基づいて判定しています。
 ★重症度の判定に使用している指標
1.男性70歳以上、女性75歳以上
2.BUN:21mg/dL または脱水あり
3.SpO2:90%以下(PaO2:60Torr以下)
4.意識障害
5.血圧(収縮期)90mmHg以下

 ※1項目該当すれば1点で加点する方式。重症度が軽い状態が0、最も高い状態が5となります。
  軽症の場合は、年齢層が幅広く罹患するため平均年齢は比較的若い傾向があり、平均在院日数も短くなっています。
  重症度が1以上になると、平均年齢が上がり、平均在院日数も延び、治療に日数が必要になることが見られます。
  重症度が4以上になると、平均年齢が80代に上がり、高齢になると重症化しやすい傾向がみられます。
  高齢者が肺炎に罹患するリスクを減らし、健康管理、体力作りが重要であることがわかります。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。 (厚労省の集計条件に従う)
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 10 10.9 71.9 0.0
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 0 0.0 0.0 0.0
I63$ 脳梗塞 3日以内 149 27.3 72.9 23.5
その他 17 15.5 65.1 1.2
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 12 14.6 71.4 7.1
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0.0 0.0 0.0
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0.0 0.0 0.0
その他 0 0.0 0.0 0.0
【対象患者】最も医療資源を投入した傷病名のICD10コード(注)がG45$、G46$、I63$、I65$、I66$、I675、I679で始まる症例

注)ICD10コードとは「疾病及び関連保健問題の国際統計分類:International Classification of Diseases and Related health problem(以下「ICD10」と略)」とは、異なる国や地域から、異なる時点で集計された死亡や疾病のデータの体系的な記録、分析、解釈及び比較を行うため、世界保健機関憲章に基づき、世界保健機関(WHO)が作成した分類法です。
 G45$:一過性脳虚血発作
 G46$:大脳動脈症候群など
 I63$:脳実質外動脈及び脳動脈に、血栓、塞栓、閉塞または狭窄によって脳梗塞を発症した症例
 I65$:脳実質外動脈が閉塞、狭窄しているが、脳梗塞は発症していないケース 内頚動脈狭窄症、内頚動脈閉塞症など
 I66$:脳動脈の閉塞および狭窄はあるが、脳梗塞は発症していないケース  大脳動脈狭窄症、ワレンベルグ症候群など
 I675:もやもや病
 I679:脳血管障害


平成28年度において、「脳梗塞」と診断された患者さんの約83%は発症後3日以内でした。
脳梗塞と診断された患者197名の平均年齢は71.4歳でした。
また、脳梗塞の急性期治療を終了した患者さんのうち78.7%は自宅等へ退院されていますが、残りの21.3%は他医療機関等へ転院しています。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。 (厚労省の集計条件に従う)
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科(消化器)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 149 0.50 1.15 0.00 66.40
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) 46 3.15 9.37 2.17 71.28
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 43 3.91 18.23 9.30 81.28
K654 内視鏡的消化管止血術 35 0.66 13.43 2.86 66.31
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 32 0.00 6.91 0.00 76.06
手術件数の合計516件のうち、K7211内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)が149件で最も多く28.9%、次いでK6153血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの)46件8.9%、K688内視鏡的胆道ステント留置術が43件8.3%、K654内視鏡的消化管止血術35件6.8%、K6532内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)32件、6.2%の順となっている。
消化器内科での手術は内視鏡的手術が主である。
内科(腎臓)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 36 7.39 15.50 8.33 68.11
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
手術件数の合計54件のうち、K610-3内シャント設置術等が36件で最も多く66.7%、次いでK775経皮的腎(腎盂)瘻造設術、K616四肢の血管拡張術・血栓除去術、K616-4経皮的シャント拡張術・血栓除去術、K6182中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)の順となっている。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 29 1.79 7.55 0.00 69.14
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 15 1.73 6.47 0.00 70.20
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 14 3.07 4.21 0.00 35.29
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 10 3.40 7.50 0.00 63.80
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) - - - - -
手術件数の合計131件のうち、K5143肺悪性腫瘍手術(気管支形成を伴う肺切除)等が29件で最も多く22.1%、次いでK514-23胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える)が15件11.5%、K5131胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除))が14件10.7%、K488-4胸腔鏡下試験切除術が10件7.6%、K5132胸腔鏡下肺切除術(その他)の順となっている。
全体では肺悪性腫瘍手術(開胸、胸腔鏡下)の件数が一番多いが、気管・気管支ステント留置術や気管支狭窄拡張術等の気管支手術、早期肺がんに対する光線力学療法等も行っている。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)
外科(消化器)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 77 1.09 3.29 0.00 70.82
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 42 1.76 6.00 0.00 57.10
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 38 4.34 13.74 0.00 71.63
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 26 2.46 17.92 0.00 69.69
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 19 0.74 5.58 0.00 40.53
手術件数の合計537件のうち、K6335鼠径ヘルニア手術が77件で最も多く14.3%、次いでK672-2腹腔鏡下胆嚢摘出術が42件7.8%、手術件数の合計495件のうち、K6335鼠径ヘルニア手術が65件で最も多く13.1%、次いでK672-2腹腔鏡下胆嚢摘出術が46件9.3%、K7193結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)38件7.1%、K6552胃切除術(悪性腫瘍手術)26件4.8%、K718-21腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)19件3.5%の順となっている。
上部消化管、下部消化管、肝胆膵の手術や内視鏡下手術等も行っている。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 153 4.86 4.82 0.65 70.80
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 73 2.00 6.59 2.74 73.85
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 37 0.03 12.05 0.00 65.11
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 31 0.29 5.84 0.00 70.00
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 22 4.18 11.91 0.00 78.27
手術件数の合計354件のうち、K5493経皮的冠動脈ステント留置術(その他)が153件で最も多く43.2%、次いでK616四肢の血管拡張術・血栓除去術が73件20.6%、K5491経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞)37件10.5%、K5492経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症)が8.8%、K5972ペースメーカー移植術(経静脈電極)が22件6.2%の順となっている。
経皮的冠動脈ステント留置術や経皮的冠動脈形成術等のPCI(冠動脈インターベンション(心臓カテーテル治療))の件数は228件64.48%であった。また、K597-2ペースメーカー交換術、K5972ペースメーカー移植術(経静脈電極)の件数も多い。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 65 3.29 38.54 13.85 75.38
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 35 2.51 16.60 0.00 53.51
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 34 4.82 48.00 29.41 81.97
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 34 5.71 31.65 2.94 70.32
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 30 2.67 29.83 10.00 64.80
手術件数の合計513件のうち、K0461骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿)が65件で最も多く12.7%、次いでK0462骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨)が35件6.8%、K0811人工骨頭挿入術(肩,股)34件6.6%、K1425脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除)34件6.6%、K0821人工関節置換術(肩,股,膝)が30件5.8%の順となっている。
骨折観血的手術、人工骨頭挿入術・人工関節置換術、脊椎固定術・椎間板摘出術等の手術件数が多い。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 40 1.15 9.53 17.50 77.98
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 31 14.81 39.97 22.58 64.10
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 25 3.12 37.00 36.00 66.24
K1781 脳血管内手術(1箇所) 11 1.00 30.00 36.36 65.00
K6101 動脈形成術、吻合術(頭蓋内動脈) 10 9.40 23.10 30.00 62.50
手術件数の合計204件のうち、K164-2慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術が40件で最も多く19.6%、次いでK1692頭蓋内腫瘍摘出術(その他)が31件15.2%、K1771脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)が25件12.3%、K1781脳血管内手術(1箇所)11件5.4%、K6101動脈形成術、吻合術(頭蓋内動脈)10件4.9%の順となっている。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 76 1.79 5.16 0.00 73.29
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 44 0.11 1.02 0.00 57.41
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 33 1.79 4.55 0.00 70.64
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 20 3.60 12.20 5.00 66.55
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 19 1.53 4.47 0.00 74.47
手術件数の合計286件のうち、K8412経尿道的前立腺手術(その他)が76件で最も多く26.6%、次いでK768体外衝撃波腎・尿管結石破砕術が44件15.4%、K8036イ膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの)が33件11.5%、K773腎(尿管)悪性腫瘍手術20件7.0%、K8036ロ膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの)19件6.6%の順となっている。
その他、K7811経尿道的尿路結石除去術(レーザー)、K7812経尿道的尿路結石除去術(その他)等の件数も多い。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K879 子宮悪性腫瘍手術 24 1.25 9.50 0.00 54.50
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 23 1.00 6.00 0.00 49.96
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 20 0.95 6.70 0.00 31.35
K867 子宮頸部(腟部)切除術 19 1.00 1.00 0.00 44.05
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) 18 1.11 13.00 0.00 60.50
手術件数の合計200件のうち、K879子宮悪性腫瘍手術が24件で最も多く12.0%、次いでK8881子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹)が23件11.5%、K8982帝王切開術(選択帝王切開)が20件10.0%、K867子宮頸部(腟部)切除術19件9.5%、K889子宮附属器悪性腫瘍手術(両側)18件9.0%の順となっている。
帝王切開術はK8981帝王切開術(緊急帝王切開)も8件実施しており、選択帝王切開と合わると28件の実施となる。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 487 0.45 1.17 0.00 71.97
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 152 0.61 4.59 0.00 62.71
K275 網膜復位術 49 0.33 5.37 0.00 54.06
K281 増殖性硝子体網膜症手術 42 1.17 6.14 0.00 56.62
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 36 0.44 4.17 0.00 64.61
手術件数の合計882件のうち、K2821ロ水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの)が487件で最も多く55.2%、次いでK2801硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む)が152件17.2%、K275網膜復位術が49件5.6%、K281増殖性硝子体網膜症手術42件4.8%、K2802硝子体茎顕微鏡下離断術(その他)36件4.1%の順となっている。
水晶体再建術はこの分類以外にK2821イ水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの)とK2822水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合)を合わせると505件57.3%となる。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 43 1.02 6.63 0.00 17.21
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 20 1.15 6.95 0.00 53.65
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 15 1.07 6.73 0.00 50.93
K319 鼓室形成手術 14 1.21 7.64 0.00 38.36
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 11 1.00 1.45 0.00 5.36
手術件数の合計180件のうち、K3772口蓋扁桃手術(摘出)等が43件で最も多く23.9%、次いでK340-5内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)が20件11.1%、K340-6内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術)が15件8.3%、K319鼓室形成手術が14件7.8%、K309鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術11件6.1%の順となっている。
内視鏡下鼻・副鼻腔手術は2型・3型・4型・5型を合わせて44件24.4%実施している。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩,上腕,前腕,大腿,下腿,躯幹) 17 0.53 3.65 0.00 55.00
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
K013-21 全層植皮術(25cm2未満) - - - - -
手術件数の合計79件のうち、K0301四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩,上腕,前腕,大腿,下腿,躯幹)が17件で最も多く21.5%、次いでK0053皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上)、 K0052皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満)、K0072皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)、K013-21全層植皮術(25cm2未満)の順となっている。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)
外科(乳腺)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 25 1.88 7.60 0.00 54.48
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) - - - - -
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) - - - - -
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除) - - - - -
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) - - - - -
手術件数の合計56件のうち、K4762乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない))が25件で最も多く44.6%、次いでK4763乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない))、K4765乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない)、K4631甲状腺悪性腫瘍手術(切除)、K4764乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う))の順となっている。
乳腺悪性腫瘍手術の件数は44件78.6%だった。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 17 0.2
異なる 18 0.2
180010 敗血症 同一 34 0.4
異なる 8 0.1
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる 0 0.0
180040 手術・処置等の合併症 同一 42 0.5
異なる - -
この表における発生率とは、上記のICD10が「最も医療資源を投入した傷病名」として選択され、そのICD10に基づいたDPCコードが付与された症例数を集計したものを全体の症例数で除することで計算された率であり、実際の合併症発生率とは異なっています。

■項目の説明

入院契機と同一の場合:入院の契機となった傷病名と医療資源最傷病名が同じ方の件数です。

入院契機と異なる場合:他の傷病名の治療で入院し、その後発症し、医療資源最傷病名として選択した方の件数です。

播種性血管内血液凝固症候群(DIC):敗血症などが原因で、小さな血栓が全身の血管で発生する疾患で、厚生労働省DIC基準に
よるDICスコアの値、原疾患に対する治療内容、検査結果を提出することになっています。

手術・術後の合併症:手術創開離、術後感染、人工関節挿入術後の人工膝関節、股関節の感染、白内障手術後の眼内レンズ偏位や亜脱臼、透析シャント閉塞、移植後人工血管感染、アナフィラキシーショック等が主な内容になります。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。 (厚労省の集計条件に従う)
更新履歴
2017.9.26
新規作成