Resident's voice

A医師 2016年入職(東京医科大学卒)

茨城県の研修制度は県内の病院同士の連携が強いのが特徴です。エコーハンズオントレーニングなど多数の研修医が集まって共に勉強する機会や、たすき掛け制度が充実している為、県内のいろいろな病院にて研修を実施することが出来ます。茨城県は、医療が充実している地域とそうでない地域があり、総合病院での系統的な治療と地域医療の両面を勉強できます。病院同士の連携が取れている為、県内の研修医同士の交流も盛んです。院外研修で会った時には、一緒にお食事をしながら研修についてや日頃の話をしています。このように研修内容がバラエティ豊かで、人との絆を実感できるのは、貴重な機会ではないでしょうか。

I医師 2016年入職(東京医科大学卒)

国家試験に受かりあっという間に一年間が過ぎました。あっという間でありながら、ものすごく充実した一年間でした。振り返ってみるとカルテの書き方、問診の取り方、患者さんとの接し方、上級医への相談など全てにおいて大学では学ばなかったことだらけでした。医学の知識だけではなく、実臨床という言葉を初めて実感することから始まりました。徐々に仕事の流れが分かるようになりました。幸いにも職場や寮の雰囲気はいい意味で話しやすい空気があり分からないことに対して情報共有することができました。また、当直は内科当直がメインとなっており、基本的には一年目と二年目がペアで当直を行う体制となっていました。初診を一年目がとることで問診においてのコミュニケーション能力の上昇が得られ、同時に二年目が一緒につくことで聞き漏れのない問診を行うことができました。症例を重ねるごとに主訴に対する必要なキーワードを理解し、鑑別を考えながら問診する力を得ることができたと思います。そして、希望者は三次救急のある筑波メディカルセンターでの研修も行うことができます。より多くの症例を学ぶと同時に他病院との向流も多くもうけられていると思います。他にも、亀田総合病院との勉強会も年に3回開催され研修医にとって必要なプレゼンテーション能力から始まり様々な診療に対しての姿勢を学ぶことができました。

そして、仕事とプライベートのon/offがあり自分の時間をしっかりと確保できていることも魅力的だと考えています。息抜きや自主自学を含め有意義な時間を過ごすことも良質な研修を送るにおいて大事なことだと思いました。

C医師 2016年入職(東京医科大学卒)

当院は東京医科大学の附属病院でありながら地域密着型の中規模病院であり、教育や研究の場である一方、研修医が少数のため豊富な症例・手技を経験することができます。研修内容についても研修医の希望に柔軟に対応していただいています。救急外来では研修医がより主体的に診療に参加することができます。上級医や職員の方々は優しく丁寧に接してくださり、病院全体が温かく研修医を迎える雰囲気があると感じています。

生活面については、病院への敷地内に研修医宿舎寮があるため、当直中に自室で仮眠をとることも可能です。駅からは少し離れていますが、周囲の生活環境は整っています。研修医同士の仲も良く、楽しく充実した研修生活を送ることができます。

是非一度、見学にいらしてください。

N医師 2016年入職(東京医科大学卒)

当院の研修では、日中の病棟業務でも学べることはもちろんのこと、一番勉強になる時間は当直ではないかと思います。インフルエンザや胃腸炎といったcommon diseaseはもちろんのこと、茨城県という地には特に高齢者が多く住んでいる為、中には入院加療が必要な重篤な患者さんも多く来られます。そういった方に対する治療は、最初はどうすればいいか全く分かりませんでしたが、困ったときのバックアップ体制は存分に整っており、すぐに上級医に相談することができ、その際どの先生にも丁寧に教えていただきました。これは、地域の病院ならではであり、診療科同士の垣根の低さによるものだと思います。こういった学び方は、茨城などの地方で研修してこそのものだと感じています。

Y医師 2016年入職(東京医科大学卒)

茨城医療センターでは、研修医が主体となって診療に携わることが出来ます。特に、夜間の当直や救急ローテーションでは、研修医がファーストタッチを行い、必要な検査を検討するところまで任せていただけます。いわゆる都内の大学病院とは違い、医師数があまり多くない分、各科のローテーションでは、研修医の役割を多く持たせていただけます。回診や病棟業務を一人でやることもありますし、小さな手技は任せてもらえます。その状況がかえって患者さんの把握に繋がり、勉強のモチベーションにも繋げることが出来ます。また、当院は医師、看護師、コメディカル間の連携が強く、それぞれの得意分野に関して、お互いに相談しやすいことも、魅力の一つです。是非、茨城医療センターの魅力を感じてみてください。

O医師 2017年入職(東京医科大学卒)

私が東京医科大学茨城医療センターを研修病院として選んだ理由は、指導医の先生方をはじめ、看護師、コメディカル、事務職員の皆さんがとても優しく、病院の温かい雰囲気に魅力を感じたからです。また先輩になる研修医の先生方が生き生きと働き、戦力として診療に参加している姿を見て、充実した2年間を送ることが出来ると思ったことも理由の一つです。私は学生時の1ヶ月間実習でこれらの魅力を知ることができました。実際に見てみなければ分からない魅力が茨城医療センターには沢山あるので、是非一度、見学にいらして下さい。

K医師 2017年入職(東京医科大学卒)

茨城医療センターは、スタッフが優しく大変雰囲気の良い病院です。上級医から丁寧な指導をいただけるのでとても充実した研修を送ることができています。

当院の最大の特徴は風通しの良さだと思います。医師や看護師をはじめ、コメディカルが一体となり患者さんの治療にあたっており、その際分からないことや疑問に感じることがあれば、職種を超えて気軽に質問等もできます。

興味がある方は一度見学にいらして下さい。

S医師 2017年入職(東京医科大学卒)

当院の特徴は地域中核病院としての機能を持っていることです。その中で研修医は月5回の内科当直を実施し、救急外来にて患者さんのファーストタッチをします。それにより診療の現場での初期対応を学ぶことが可能です。初めは上級医の先生や2年目の研修医の指導を受けながら診療となり、当直を通して医師としての力をつけることができます。

新宿にも1時間程で行けることから、勉強会や学会に積極的に参加させてもらえます。また当院の初期研修を修了した医師が後期研修医や上級医として多く在籍しているのは、病院が良い環境であることを反映していると思います。

是非少しでも興味のある方は、当院へ見学に来てください。お待ちしております。

S医師 2017年入職(東京医科大学卒)

私が東京医科大学茨城医療センターを研修先として志望した理由は、5・6学年時の臨床実習で感じた温かい雰囲気や患者さんを思いやる姿勢、のびのびと楽しく学ぶことのできる環境に大変魅力を感じたからです。私は、6学年時の4ヶ月間当院で選択実習を実施した際、各科の先生方に熱心に指導していただき手技等も数多く経験しました。またスタッフやコメディカルの方々にもとてもお世話になり、実習が終わる頃には、来年は絶対この病院で実習がしたいと強く思うようになりました。

また、当院は大学病院であるとともに、市中病院の役割も果たしている為、common diseaseもしっかりと経験できるという点も大変魅力的でした。

研修病院をどこにしようか迷っている方是非一度見学に致して茨城医療センターの良さを感じて頂けたら幸いです。