目的

東京医科大学茨城医療センター後期臨床研修は、初期臨床研修(医師免許取得後2年間)を終えた医師が専門的知識を学び、経験を積む事により、各種学会専門医資格の取得を目的とします。

また、並行して、臨床医学研究を進めることにより、学位(医学博士)の取得も可能です。

特徴

学位(医学博士)の取得が可能です

後期研修医として診療に従事するとともに、臨床医学研究に取り組むことにより、学位(医学博士)を取得することができます。

※但し、必須ではないので、専門医だけの資格を取得することも可能です。

各種学会の専門医取得が可能です

当院のプログラム全てにおいて、各種学会の専門医を取得することを目標としてプログラムを作成しています。

専門分野以外の関連領域の研修が可能です

初期研修2年間という短い期間において、幅広い診療能力を十分に修得するには期間的に不十分です。そこで、当院の後期研修では専門分野の能力を培うと共に、専門領域の関連領域を広く研修することにより、内科系、外科系それぞれの基本的臨床能力の向上も目指します。

後期研修医期間は、各講座(医局)所属ではなく、病院長直属の有給職員です

「有給者」として給与が支給されると共に、平日に1日「研究日」を付与します。

※無給の「臨床研究医」ではありません。

モデルケース
1年 2年 3年 4年 5年 6年・・・・・
初期研修医
(2年間)
後期研修医
(3年間)
〜病院所属〜 有給枠
〜講座所属〜 有給枠
→ 専門医取得可能 *1
*1 専門医取得
各学会により専門医取得に必要な年数が異なります。専門医取得については、各学会にてご確認下さい。