一般目標:GIO

よき臨床医として広く国民と社会に貢献するために、高い人間性・教養・協調性を涵養するとともに十分な知識と技能を修練する。

その過程で、情熱をもって生涯取り組むことのできるキャリアの基盤を形成する。

経験目標:SBOs

  • Common diseaseの基本的初期診療ができる。
  • 年齢・性別に関わらず緊急性・重篤性の高い疾患を適切にトリアージできる。
  • 社会的・心理的背景を考慮に入れた診療ができる。
  • 日常的臨床問題を自ら解決する手法を修得し、永続的生涯学習を実践できる。
  • 医学生や後輩研修医に対する臨床現場での指導ができる。
  • 患者ケアに関わる多職種を理解尊重し、医療チームの一員として行動できる。
  • 倫理観・医師プロフェッショナリズムを基盤とした患者中心の医療を実践できる。

方略:LS( learning Strategies )

  • スーパーローテーション方式で主要科を研修する。
  • 全研修期間を通して総合救急センター当直を行う。
  • BLS,ACLSを受講する。
  • 定められた教育プログラムに参加する。
  • キャリア形成を意識し、選択科目を研修する。

評価:EV( Evaluation )

  1. 自己評価
    研修医手帳に症例を記入する。
    EPOCおよび事後レポートを用いて自己評価を行う。
  2. 指導医による評価
    EPOCおよびレポート等を用いて評価する。
    ※診療科によっては独自評価表を用いて評価する。
  3. コメディカル(看護師・技師)による評価
    評価表を用いて評価する。
  4. 研修医による評価
    研修医がEPOCを用いて診療科全体(指導内容、研修環境)を評価する。
    研修医が評価表を用いて指導医を評価する。

上記に加え教育プログラム参加状況を出席率以外の評価方法を検討する。

例)単位制、2年次研修医によるミニレクチャー

評価者
(評価する側)
被評価者(評価される側)
  研修医 指導医 コメディカル
(看護師、中検技師)
研修医 ○(EPOC)
自己評価
○(EPOC、紙ベース) ×
指導医 ○(EPOC)   ×
コメディカル
(看護師、中検技師)
○(紙ベース) ○(紙ベース)