研修理念

「当センターは、建学の「正義・友愛・奉仕」の精神に基づき患者さま中心の医療を推進いたします。」という病院の理念および「1.患者さまの権利を尊重します」「2.医療サービスの向上を図り、患者さまに安全な医療を提供します」「3.十分な説明と同意のもとに医療を行います」「4.地域との連携を密にし、地域における医療、保健、福祉を支援します」「5.人間性豊かで信頼される医療人を育成します」という5つの基本方針に則り、臨床研修を実施する。

臨床研修では、医師としての人格を涵養し、将来専門とする分野にかかわらず、医学及び医療の果たすべき社会的ニーズを認識しつつ、一般的な診療において頻繁に遭遇する負傷又は疾病に適切に対応できるよう、プライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度・技能・知識)を身につける。

基本方針

  1. 基本的な臨床能力〈知識、技能、態度、情報収集能力、総合判断力〉を習得する。
  2. 患者および家族とのコミュニケーション能力習得し、全人的な医療を実践する。
  3. チームの一員として自覚を持ち、協調性をもってチーム医療を実践する。
  4. 医療安全を理解し、積極的に対応する。
  5. 医療人としての倫理観を養成する。