茨城医療センター 病院長挨拶

小林正貴 病院長
茨城医療センター
病院長
小林正貴

東京医科大学茨城医療センターは茨城県南部の阿見町に開設された東京医科大学の附属病院です。入院ベッド398床、26診療科を有し、先進医療を提供する大学病院であるとともに、地域医療に貢献する地域密着型の総合病院でもあります。

総合能力を持つ医師を養成するために、一人一人の希望も取り入れて、満足のいく研修プログラムを行っています。また、他の医療機関との機能強化を図り、独自の教育プログラムを構築し、医師養成をめざす研修医教育を行っています。さらに、当センターは、二次救急指定病院、小児救急、周産期救急医療協力病院、茨城県地域がん診療連携拠点病院、肝疾患診療連携拠点病院に指定されており、幅広い患者さんの診療が可能です。救急は総合ER方式をとっており、研修医は指導医のバックアップのもと初療を担当し、研修医が主役となり診療をおこなってもらいます。

医師としての貴重な第一歩である2年間を是非当センターでともに歩んでみてはいかがですか。