2020年度(令和2年度)以降

基本ローテーション

内科
24週以上
救急
12週以上
外科
小児科
産婦人科
精神科
地域医療
選択科目
48週未満
必修 選択

※原則として、当初の1年の後に地域医療を研修すること。

※原則として、内科においては24週以上、救急部門においては12週以上、外科、小児科、産婦人科、精神科及び地域医療においてはそれぞれ4週以上の研修を行うこと。

内科

呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、腎臓内科、代謝内分泌内科、感染症科、脳神経内科

外科

呼吸器外科、消化器外科、整形外科、脳神経外科、乳腺科、泌尿器科

救急

東京医科大学茨城医療センター、筑波メディカルセンター病院、水戸済生会総合病院、水戸医療センター

小児科

東京医科大学茨城医療センター、東京医科大学病院、土浦協同病院、日立総合病院

産婦人科

東京医科大学茨城医療センター、筑波大学附属病院、日立総合病院

精神科

宮本病院

地域医療

北友会勝田病院、北茨城市民病院、いわき内科クリニック、あだち内科クリニック、土浦ベリルクリニック、阿見第一クリニック

研修期間は次の通り

※4週間以外の研修説においては研修期間が合計4週間となるよう研修施設を選択すること。

※例)2週間研修施設+1週間研修施設+1週間研修施設

4週間:北茨城市民病院、阿見第一クリニック

2週間:北友会勝田病院

1週間:あだち内科クリニック、土浦ベリルクリニック、いわき内科クリニック

選択科目

東京医科大学茨城医療センター(全診療科)

内科(感染症科、総合診療科)、呼吸器内科、消化器内科、代謝内分泌内科、腎臓内科、脳神経内科、精神科、呼吸器外科、循環器内科、小児科、外科、消化器外科、乳腺科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、形成外科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、麻酔科、リハビリテーション科、病理診断科、総合救急センター

※放射線科にて超音波研修を希望する場合は、放射線科を8週以上選択すること。

協力型病院及び臨床研修協力施設(28施設)

東京医科大学病院(全診療科)、東京医科大学八王子医療センター(全診療科) 、茨城県立中央病院(全診療科) 、筑波大学附属病院(全診療科) 、筑波メディカルセンター病院(全診療科) 、ひたちなか総合病院(全診療科) 、筑波記念病院(全診療科) 、牛久愛和総合病院(全診療科)、茨城県立医療大学付属病院(リハビリテーション科、整形外科、内科、小児科)、土浦協同病院(小児科)、茨城県土浦保健所(保険・医療行政)、茨城県竜ケ崎保健所(保険・医療行政)、茨城県つくば保健所(保険・医療行政)、宮本病院(精神科)、北友会勝田病院(地域医療)、北茨城市民病院(地域医療)、いわき内科クリニック(地域医療)、あだち内科クリニック(地域医療) 、土浦ベリルクリニック(地域医療) 、阿見第一クリニック(地域医療)、白十字総合病院、中頭病院、中部徳洲会病院、浦添総合病院、大浜第一病院、豊見城中央病院、沖縄協同病院、南部徳洲会病院

備考

※基幹型臨床研修病院での研修期間は原則として最低52週

※1年次をたすき掛けにて茨城県立中央病院にて研修可能

※協力施設での研修期間は原則として最大12週

※選択科目について4週は東京医科大学茨城医療センター内での研修とする。但し、1年次を茨城県立中央病院にて行ったものはこの限りではない。

※CPC実施施設:東京医科大学茨城医療センター

※救急当直:約5回/月(その月数12か月/年)但し、東京医科大学茨城医療センター以外での研修については、研修施設により当直回数は異なる。

※必修科目において到達目標に定められる研修期間に満たない時期の研修は出来かねる。

※一般外来研修は地域医療研修と内科、小児科にて実施する。

※地域医療研修にて在宅医療を研修していない者は、選択科目にて在宅医療が研修出来る施設を研修すること。

※阿見第一クリニックについては、土曜日も終日研修があるため、他施設に比べ一般外来と在宅医療の研修週数の合計型施設に比べ多い。

※研修週数はあくまで目安であり、研修時期により変動する。