平成29年度病院指標
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 241 171 197 311 597 866 1,824 2,446 1,449 311
幅広い年齢層で退院(入院)がありました。
平均年齢は64.7歳でした。年齢区分別では70歳代の割合が一番多く全体の29%を占めています。次いで60歳代が22%。
60歳以上の割合が全体の72%(70歳以上の割合では全体の50%)となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科(代謝内分泌内科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 64 16.95 14.27 1.56 59.09
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 26 19.23 15.87 0.00 65.42
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
100060xx99x100 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 - - - - -
100210xxxxxxxx 低血糖症 - - - - -
2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)の件数が最も多く上位2例で90件45.5%でした。次に糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 定義副傷病なし、1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満、低血糖症の順でした。
平均在院日数は全国平均よりもいずれも多生長くなっています。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)


【内科(代謝内分泌内科)より】
 糖尿病や各種代謝疾患および内分泌疾患の診療を行っています。糖尿病・肥満症、生活習慣病、甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病、甲状腺腫瘍など)、間脳・下垂体、副甲状腺,副腎、性腺に関する疾患を担当しています。糖尿病治療に関しては薬物療法だけでなく食事療法、運動療法にも力を注いでいます。糖尿病をお持ちの方は、食事・運動・くすりについて自分でよく知り調整できる事が大切です。待ち時間を利用して知識を深め、療養に役立てて頂けるよう、各種の掲示、展示、ビデオ放送も行っております
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.15 - -
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 18.66 - -
010060x2990410 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 3、4又は5 - - 22.35 - -
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 6.32 - -
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 3、4又は5 - - 20.20 - -
脳神経内科は、脳・脊髄・末梢神経・筋肉の病気の診断、内科的治療を実施。脳梗塞などの脳血管障害、パーキンソン病などの神経変性疾患、多発性硬化症などの神経免疫疾患に重点をおいて診療しています。
脳梗塞のDPCコードは細分化されております。上位5分類に入らない分類もすべて含めると12件32.4%でした。
前庭機能障害 手術なしの件数が最も多く次いでパーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし、脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 3、4又は5、てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし、脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 3、4又は5の順でした。
転院先の医療機関の受け入れ態勢(ベッドの空き待ち等)に時間がかかっていることもあり在院日数が長くなっているケースもあります。急性期から慢性期へと患者の状態にあった適切な医療機関での治療を要する場合が多いためです。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)

【脳神経内科・脳神経外科より】
脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)、脳腫瘍、先天奇形(水頭症)、特発性正常圧水頭症、頭部打撲をはじめとした頭部外傷、各種頭痛、ギラン・バレー症候群等の神経免疫疾患、パーキンソン病やアルツハイマー病などの神経変性疾患、末梢神経疾患など、脳・神経疾患全般について診療を行います。脳梗塞に対する超急性期血栓溶解療法や血管内治療(ステント挿入)、眼瞼・顔面痙攣に対する神経血管減圧術やボトックス治療(ボツリヌス療法)などの特殊療法も実施しています。
頭痛、めまい、もの忘れ(認知症)、手足が動かない・しびれている・ふるえる、歩行障害、視力・視野障害、まぶたや顔面のぴくつき、顔の痛み(三叉神経痛)、等々の症状のある方が対象となります。症状・病態に応じて患者さまを適切に脳神経外科・神経内科・脳血管内治療部門に振り分けさせていただき、密に連携をとりながら協力して診療にあたります。

内科(呼吸器)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 44 20.41 11.99 0.00 71.14
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 23 21.22 19.65 8.70 71.57
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 18.05 14.60 23.81 73.86
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等28あり 17 20.00 11.75 17.65 66.12
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 16 6.63 3.59 0.00 73.69
肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし件数が最も多く44件13.4%でした。次に間質性肺炎 手術・処置等2なしの件数が23件7.0%、肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なしの件数が21件6.4%、肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等28あり17件5.2%、肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし16件4.9%の順でした。肺の悪性腫瘍での入院は上位5位までに98件29.9%でした。いずれも化学療法目的の入院でした。
肺の悪性腫瘍の全てのDPCコードの合計は147件44.8%であり、内科(呼吸器内科)にとって最も多い疾患となっています。


【内科(呼吸器)・呼吸器外科より】
内科・外科が密に連携した診療・治療体制をとっています。肺がん・肺炎・気管支喘息・慢性閉塞性肺疾患(肺気腫や慢性気管支炎、COPD)・間質性肺炎(肺線維症)などに対し専門性の高い診断治療を行っています。COPDには、薬物療法に加えて、症状によっては運動療法なども含めた包括的呼吸リハビリテーションを導入しています。手術困難な肺がんには、分子標的治療を含む化学療法・放射線治療を施行しています。手術では、標準的な手術術式の他に完全胸腔鏡下手術(VATS)を自然気胸、良性腫瘍、転移性肺腫瘍や原発性肺がんの手術に導入しています。中心型の早期肺がんでは、低出力レーザーによる光線力学的治療法(PDT)の導入により手術が回避できるようになりました。また、中枢気道の狭窄による重篤な呼吸困難症例に対しては、高出力レーザー焼灼、アルゴンプラズマ焼灼(APC)などを用いて気道を拡張した後に硬性鏡による気道ステント留置を施行して患者さまのQOL(人生の質)の改善に努めています。
なお、医療連携については、今後とも積極的に取り組んで行きたいと考えております。
内科(消化器)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 69 16.80 10.61 2.90 77.01
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 45 12.27 11.44 0.00 72.67
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 35 12.51 15.23 2.86 62.37
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 34 7.88 8.73 0.00 70.21
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 33 9.85 7.87 0.00 58.00
胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なしの件数が最も多く69件7.0%でした。次に肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なしの件数が45件4.6%、アルコール性肝障害の件数が35件3.6%、胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なしが34件、3.5%、穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし33件3.4%の順でした。


【内科(消化器)・外科(消化器)より】
内科、外科の両診療グループが、外来診療に際しまして一つの外来において診療しています。両グループの医療業務をできるだけ統合し、無駄を省き、医療の迅速化、恒常化、消化器診療のレベルの向上、さらに地域がん診療連携拠点病院、肝疾患診療連携拠点病院としてとくに消化器がん診療、肝疾患診療のレベルアップを目指すことを目的としています。外来棟2階フロアーで内科、外科が並列し診療をしております。内科、外科の連絡や情報交換など連携がより取りやすくなり、診療の効率化を計っています。腹部超音波装置を配備、また内視鏡センターも隣接しており、緊急検査もスムーズに行っています。消化器内科専門医、消化器外科専門医がより高度な診療レベルと共に、患者さまのQOL(生活の質)を重視し、患者さまに優しい医療を提供すべく、地域医療の発展のために外来を運営してまいります。
内科(腎臓)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 37 28.76 36.38 5.41 67.22
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 13 20.77 12.34 15.38 81.08
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 13.30 12.23 10.00 68.20
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 10 10.90 7.35 0.00 46.40
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし - - 17.16 - -
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21ありの件数が最も多く37件19.6%でした。次に腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なしの件数が13件6.9%、次に慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし、慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし、全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なしの順でした。
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全の全てのDPCコードの合計は83件43.9%であり、内科(腎臓)にとって最も多い疾患となっています。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)


【内科(腎臓)より】
当科は日本腎臓学会、日本透析医学会、日本アフェレシス学会、日本高血圧学会の認定施設です。専任の指導医・専門医を中心に腎臓病の早期から末期までを包括的に診療しています。腎臓病、特に慢性腎臓病(CKD)は自覚症状があまり出ないことも多く、適切な治療を受けずに末期腎不全に至ってしまう患者さまも多いのが現状です。腎臓病に対する理解を深め、納得して診療を受けていただけるように心掛けています。大学病院としての高度医療と地域に密着したきめ細やかな医療の両面を兼ね備えた診療を目標としています。
内科(感染)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 23.11 20.83 21.05 80.37
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 18 21.56 12.34 5.56 82.33
0400801499x003 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア3 12 19.67 16.97 16.67 85.42
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 10 22.60 15.12 30.00 87.10
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 10 25.30 19.01 30.00 75.70
誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしの件数が最も多く19件9.8%、次に腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし18件9.3%、肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア3 12件、6.2%、肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 10件、5.2%、敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし10件、5.2%の順でした。
平均在院日数も全国平均より長くなっています。重症な肺炎患者や合併症を持つ患者を多く入院させている等患者の状態によるものです。


【内科(感染)より】
当科は、HIV拠点病院として、 また数少ない感染症専門外来として、診療を行ってまいりました。治療だけでなく、診断、予防まで、専門的アドバイスをしています。感染症の相談は通常の診察室では話しにくいことも多いことから、患者さまのプライバシーに配慮し工夫をしていますので、安心して診察を受けることができます。また、院内感染対策の専門家として、病院内だけでなくさまざまな感染予防に関する相談にも応じています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 66 12.23 12.35 0.00 71.45
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 64 9.41 11.99 1.56 69.28
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 12.53 14.60 17.65 69.47
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等1あり・ 手術・処置等2なし 17 2.88 3.59 0.00 72.12
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 14.29 10.04 0.00 36.82
上位4件はいずれも肺の悪性腫瘍であり、「手術あり」の件数が最も多く66件21.0%でした。次に手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし(化学療法あり)の件数が64件20.4%、手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なしの件数が17件5.4%、手術なし 手術処置等1あり・ 手術・処置等2なし17件5.4%、気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし17件5.4%でした。
肺の悪性腫瘍の全てのDPCコードの合計は230件73.2%であり、呼吸器外科にとって最も多い疾患となっています。
平均在院日数は全国平均よりも短くなっています。


【内科(呼吸器)・呼吸器外科より】
内科・外科が密に連携した診療・治療体制をとっています。肺がん・肺炎・気管支喘息・慢性閉塞性肺疾患(肺気腫や慢性気管支炎、COPD)・間質性肺炎(肺線維症)などに対し専門性の高い診断治療を行っています。COPDには、薬物療法に加えて、症状によっては運動療法なども含めた包括的呼吸リハビリテーションを導入しています。手術困難な肺がんには、分子標的治療を含む化学療法・放射線治療を施行しています。手術では、標準的な手術術式の他に完全胸腔鏡下手術(VATS)を自然気胸、良性腫瘍、転移性肺腫瘍や原発性肺がんの手術に導入しています。中心型の早期肺がんでは、低出力レーザーによる光線力学的治療法(PDT)の導入により手術が回避できるようになりました。また、中枢気道の狭窄による重篤な呼吸困難症例に対しては、高出力レーザー焼灼、アルゴンプラズマ焼灼(APC)などを用いて気道を拡張した後に硬性鏡による気道ステント留置を施行して患者さまのQOL(人生の質)の改善に努めています。
なお、医療連携については、今後とも積極的に取り組んで行きたいと考えております。
外科(消化器)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 46 8.78 6.64 0.00 63.52
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 39 16.69 15.61 0.00 71.72
06007xxx0100xx 膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 31 21.52 24.37 0.00 67.84
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 27 9.07 9.69 0.00 74.44
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 7.95 7.40 0.00 59.91
胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等の件数が最も多く46件6.2%でした。次に結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なしの件数が39件5.3%、膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし31件4.2%、食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし27件3.7%、胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし22件3.0%でした。
平均在院日数は全国平均より短くなっている分類、長くなっている分類の両方があります。患者の状態によるものです。


【内科(消化器)・外科(消化器)より】
内科、外科の両診療グループが、外来診療に際しまして一つの外来において診療しています。両グループの医療業務をできるだけ統合し、無駄を省き、医療の迅速化、恒常化、消化器診療のレベルの向上、さらに地域がん診療連携拠点病院、肝疾患診療連携拠点病院としてとくに消化器がん診療、肝疾患診療のレベルアップを目指すことを目的としています。外来棟2階フロアーで内科、外科が並列し診療をしております。内科、外科の連絡や情報交換など連携がより取りやすくなり、診療の効率化を計っています。腹部超音波装置を配備、また内視鏡センターも隣接しており、緊急検査もスムーズに行っています。消化器内科専門医、消化器外科専門医がより高度な診療レベルと共に、患者さまのQOL(生活の質)を重視し、患者さまに優しい医療を提供すべく、地域医療の発展のために外来を運営してまいります。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 166 3.22 3.03 0.60 67.79
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 132 5.48 4.62 1.52 68.56
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 50 8.34 5.68 2.00 70.50
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 34 21.41 17.71 5.88 81.65
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 11.22 11.21 3.13 75.66
狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なしの件数が最も多く166件20.0%でした。次に狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なしの件数が132件15.9%、閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なしの件数が50件6.0%、心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし34件4.1%、徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし32件3.9%でした。
狭心症、慢性虚血性心疾患の全てのDPCコードの合計は362件43.6%であり、循環器内科にとって最も多い分類となっています。


【循環器内科より】
循環器内科は、心臓血管疾患に関わる幅広い診療を行っています。循環器内科では、急性心筋梗塞をはじめとする虚血性心疾患、不整脈、心不全、高血圧症などの心臓病並びに下肢動脈疾患、動脈瘤などに対し、心臓・血管疾患に精通した専門医に加え、専任スタッフが対応いたします。24時間/365日、常に循環器内科医が常駐、緊急を要する虚血性心疾患に対する心臓カテーテル治療等に備えています。入院施設は、一般病棟とともに心臓集中治療室も併設、救急外来と連携を図り速やかな救急診療を行っています。外来診療においては、心臓・血管疾患だけでなく、高血圧症や脂質代謝異常などの生活習慣病の管理・治療にも積極的に取り組み、一次予防、二次予防に関する診療を行うよう心がけています。また当院では、心臓リハビリテーションにも積極的です。心臓疾患の治療後、動脈疾患の術後や慢性心不全
などに関しても、心臓リハビリテーション指導士が、運動療法による日常生活の質の向上を目的とした治療を行っており、外来通院でこのリハビリテーション治療を受けて頂くことが可能です。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 5.04 6.18 4.35 0.00
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 6.15 5.70 0.00 3.75
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 5.74 6.32 0.00 4.74
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 10 5.60 5.94 0.00 2.30
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし - - 12.34 - -
妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしの件数が最も多く23件16.0%でした。次に肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしの件数が20件13.9%、喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし19件13.2%、急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし10件6.9%、腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なしの順でした。平均在院日数は概ね全国平均と同等か短くなっています。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)


【小児科より】
一般的な小児急性疾患の治療から、食物アレルギー・低身長・起立性調節障害・慢性連日性頭痛・夜尿症・代謝性疾患・炎症性腸疾患・腎疾患など慢性疾患の診断・治療まで幅広く行っております。また、子育ての悩みや不安にも対応すべく、平成30年度より「子育てあみ〜ご」を開催。身近なテーマによる講演を通して定期的に保護者様方と交流する機会を設けております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 120 41.85 27.09 36.67 79.36
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 41 51.20 19.94 7.32 79.78
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 36 9.36 5.21 2.78 48.53
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 30 27.23 17.28 0.00 71.33
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方又は後側方固定等 手術・処置等1なし 27 27.74 22.08 3.70 69.56
股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等の件数が最も多く120件16.9%でした。次に胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なしの件数が41件5.8%、前腕の骨折 手術あり 副傷病なしの件数が36件5.1%、脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし30件4.2%、脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方又は後側方固定等 手術・処置等1なし27件3.8%の順でした。いずれも平均在院日数は全国平均より長くなっています。
股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等の分類は状態が安定してくる(急性期を脱する)と転院することが多くなるため、転院率が36.67%と高くなっています。


【整形外科より】
四肢外傷、脊椎疾患、関節疾患と整形外科領域を広く扱っています。患者さまとのコミュニケーションを大切にし、安全で安心できる治療を心がけます。合併症のある方でも複数の科と連携を持ちながら、無理のない安全な治療をめざします。また、手術時には、輸血合併症を予防するために自己血輸血や術中回収血を必要に応じて行っています。 整形外科疾患を脊椎、関節、外傷に分類して各疾患に精通した専門医によって、診断、治療、リハビリを系統的に行うようにします。保存的治療としては薬物、ブロック治療など最善の治療を選択できるようにします。そのほか内視鏡手術も行っています。 
外来、入院を通じてわかりやすい説明を心がけます。地域の基幹病院として、皆様に安心して頼って頂ける病院を目指しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 15.97 9.68 13.51 79.51
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 24.53 19.10 58.33 70.25
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 3、4又は5 33 22.18 20.20 33.33 77.27
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 14 2.36 3.14 0.00 64.36
010070xx9912xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等22あり 13 5.00 5.62 0.00 58.15
非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしの件数が最も多く38件8.8%でした。次に頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なしの件数が37件8.9%、非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし36件8.6%、脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 3、4又は5 33件7.9%、未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし14件3.3%、脳血管障害 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等22あり13件3.1%の順でした。
脳梗塞の全てDPCコードの合計は115件27.5%であり、脳神経外科にとって最も多い分類となっています。
平均在院日数は全国平均よりも長くなっているケースは転院先の医療機関の受け入れ態勢(ベッドの空き待ち等)に時間がかかっていることも原因の1つです。脳神経外科は転院率も高くなっています。急性期から慢性期へと患者の状態にあった適切な医療機関での治療を要する場合が多いためです。


【脳神経内科・脳神経外科より】
脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)、脳腫瘍、先天奇形(水頭症)、特発性正常圧水頭症、頭部打撲をはじめとした頭部外傷、各種頭痛、ギラン・バレー症候群等の神経免疫疾患、パーキンソン病やアルツハイマー病などの神経変性疾患、末梢神経疾患など、脳・神経疾患全般について診療を行います。脳梗塞に対する超急性期血栓溶解療法や血管内治療(ステント挿入)、眼瞼・顔面痙攣に対する神経血管減圧術やボトックス治療(ボツリヌス療法)などの特殊療法も実施しています。
頭痛、めまい、もの忘れ(認知症)、手足が動かない・しびれている・ふるえる、歩行障害、視力・視野障害、まぶたや顔面のぴくつき、顔の痛み(三叉神経痛)、等々の症状のある方が対象となります。症状・病態に応じて患者さまを適切に脳神経外科・神経内科・脳血管内治療部門に振り分けさせていただき、密に連携をとりながら協力して診療にあたります。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 106 8.02 8.95 0.00 71.58
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 84 13.02 11.73 0.00 61.99
080190xxxxxxxx 脱毛症 38 4.00 3.60 0.00 37.32
080110xxxxx0xx 水疱症 手術・処置等2なし 12 62.75 29.24 8.33 75.08
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 11 3.64 8.50 0.00 81.45
帯状疱疹の件数が最も多く106件32.6%でした。次に急性膿皮症 手術なしの件数が84件25.8%、脱毛症38件11.7%、水疱症 手術・処置等2なし12件3.7%、皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし11件3.4%の順でした。平均在院日数は一番件数の多い帯状疱疹の分類は全国平均よりも短くなっています。長くなっている分類もありますが重症度の高い症例を多く診ている事などがその理由です。


【皮膚科・形成外科より】
皮膚科、形成外科が密に連携した診療治療体制をとっています。現在は皮膚科医4名、形成外科2名の常勤医師により、地域の中核病院として外来、入院患者さまの治療を行っています。臨床診断、手術方法や病理組織の検討などを共同で行いつつ役割を分担し、より適切、効率的な診断、治療を行っています。 皮膚科は、乾癬、尋常性白斑、アトピー性皮膚炎などの疾患で比較的重症な症例に対してはnarrow bandUVB照射装置VTRACを用いた光線療法を併用した治療を行っています。形成外科は、顔面外傷、熱傷、軟部組織損傷といった一般外傷に対する初期治療をはじめ、手の外科、難治性潰瘍に対する手術療法を行っています。手術は、皮膚、皮下腫瘍から悪性腫瘍切除後の再建まで幅広く取りくみ、入院、外来を問わず随時行っております。また外来では瘢痕やケロイドおよび陥入爪の保存的療法を行っています。 なおレーザー治療は、色素レーザー( V b e a mPerfecta)により単純性血管腫などの血管病変を、Qスイッチアレキサンドライトレーザー(ALEXLAZR)により太田母斑などの良性皮膚色素性疾患を治療することが出来ます。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 55 6.62 7.31 0.00 72.98
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 41 8.07 9.73 0.00 72.10
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 34 5.00 5.75 0.00 59.47
110080xx9905xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等25あり 33 6.61 10.64 0.00 70.85
110080xx99030x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 27 19.48 14.81 0.00 72.07
膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なしの件数が最も多く55件13.2%でした。次に前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術の件数が41件9.8%、上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なしの件数が34件8.2%、前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等25あり33件7.9%、前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし27件6.5%の順でした。


【泌尿器科】
泌尿器科では腎がん、膀胱がん、前立腺がんなどの尿路性器悪性腫瘍、前立腺肥大症や尿失禁などの排尿障害、尿路結石、尿路感染症など泌尿器科全般にわたる疾患を治療します。泌尿器科がんの治療では、腎がんの免疫療法や分子標的剤治療、膀胱がんでは尿道からの排尿が可能な人工膀胱造設術(可能である場合)、前立腺がんでは手術、化学療法、放射線治療、超音波治療(HIFU)など最新の治療法も取り入れています。尿路結石治療は最新型の体外衝撃波破砕装置(ESWL)をはじめレーザーや圧搾空気を用いた砕石器による内視鏡的結石破砕も行っており、低侵襲でQOL(人生の質)を維持する医療を心がけています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 49 3.45 4.98 0.00 59.29
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 32 12.09 12.94 0.00 60.09
120010xx99x40x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 27 4.37 5.02 0.00 55.07
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 25 8.44 10.27 0.00 49.56
120010xx99x70x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等27あり 副傷病なし 22 3.27 4.63 0.00 52.27
子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なしの件数が最も多く49件12.8%でした。次に子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なしの件数が32件8.3%、卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なしの件数が27件7.0%、卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等25件6.5%、卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等27あり 副傷病なし22件5.7%でした。いずれも平均在院日数は全国平均よりも短くなっています。

「手術・処置等24あり」や「手術・処置等27あり」とは化学療法目的で入院した件数です。


【産婦人科より】
産婦人科では、地域の皆様に安心して受診して頂ける様、産科医療、婦人科医療の両方において、最新の情報に基づき最善と考えられる医療を提供させて頂いています。産科では、分娩される患者さまは原則として個室での対応となっています。分娩は妊婦さんにとってもご家族にとっても、人生における非常に大切なイベントですが、順調に進行していた分娩であっても、ある瞬間からいきなり大変危険な状態にも変わりうる、危険と隣り合わせの状況でもあります。当科では、安全な分娩を第一に考え、小児科や関連する各科との連携を重視し対応しています。
婦人科では、子宮筋腫や卵巣嚢腫、子宮内膜症などの良性疾患に対しては、患者さまの負担を少なくする目的で、可能な限り腹腔鏡下手術を行っています。悪性腫瘍については、婦人科悪性腫瘍を専門とする医師が、がん検診時の細胞診異常から、進行した重篤な婦人科がんの患者さままで、最新のエビデンスに基づいた対応を行っております。また、緩和医療にも力を入れており、たとえ、がんが進行し治療法がない状況であっても、苦痛から解放され、残された時間を人間らしく明るく充実してお過ごし頂ける様、病棟の全スタッフが一丸となって関わらせて頂いています。婦人科の悪性腫瘍に関しては、どのような内容であっても対応させて頂きますので、安心してご相談ください。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 77 6.31 7.96 0.00 57.96
020210xx97x0xx 網膜血管閉塞症 その他の手術あり 手術・処置等2なし 57 6.88 7.32 0.00 58.51
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 53 5.36 7.31 0.00 69.11
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 34 6.29 10.21 0.00 50.03
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 29 4.03 6.63 0.00 74.10
糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼の件数が最も多く77件19.0した。次に網膜血管閉塞症 その他の手術あり 手術・処置等2なしの件数が57件14.0%、黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なしが53件13.1%、黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし34件8.4%、硝子体疾患 手術あり片眼29件7.1%でした。平均在院日数は全国平均よりもいずれも短くなっています。


【眼科より】
当科では眼のご病気でお困りの方々に対して、最高水準の医療と患者さま中心の安心できる医療サービスを提供することを目標に日々努力しております。常勤医5名のうち3名は加齢黄斑変性症に対する光線力学的療法(PDT)認定医で、最先端の三次元画像解析装置を駆使して診療を行っています。病床数は30床以上を確保し、連日手術を行っておりますので、待機日数は短く、緊急疾患は即日入院が可能です。白内障手術は日帰り手術または短期入院手術が選択可能です。総合病院の特徴をいかし、御高齢の患者さまや全身状態の悪い患者さまも安心して治療を受けることができます。また、糖尿病網膜症、網膜剥離、網膜静脈閉塞症、黄斑円孔、黄斑上膜、黄斑浮腫などの対する難易度の高い硝子体手術を数多く行っておりますのが私たちの特色であり、糖尿病の患者さまに関しましては内科(代謝内分泌)と連携をとり万全の体制で治療を行っておりますのでご安心ください。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 55 8.67 8.01 0.00 12.00
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 49 8.51 7.23 0.00 50.73
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 34 6.74 5.15 0.00 66.12
030428xxxxxxxx 突発性難聴 19 7.84 9.18 0.00 58.79
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 17 8.29 5.48 0.00 48.29
扁桃、アデノイドの慢性疾患の件数が最も多く55件17.4%でした。次に 慢性副鼻腔炎の件数が49件15.5%、前庭機能障害 手術なしの件数が34件10.8%、突発性難聴19件6.0%、扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし17件5.4%でした。


【耳鼻咽喉科より】
日本耳鼻咽喉科学会認定専門医制度による研修施設であり、救急指定病院として、地域社会に貢献する基幹病院として、診療活動を行っています。特に、難聴・中耳炎を主体としたコミュニケーション障害に対する中耳手術、補聴器適応や、めまい・平衡障害に対する各種平衡機能検査を駆使した正確、迅速な診断治療に努めています。また鼻副鼻腔炎・鼻アレルギーに対する内視鏡手術、レーザー手術(CO2)は近年特に症例数が増え、患者さまのQOLの向上に貢献しています。さらに睡眠時無呼吸症候群の診断・治療や、頭頸部腫瘍の早期診断に取り組んでいます。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 23 5.39 5.80 0.00 51.83
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 13 2.46 3.29 0.00 72.00
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし - - 4.86 - -
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 5.60 - -
050170xx0320xx 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし - - 52.74 - -
骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なしの件数が最も多く23件19.0%でした。次に眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なしの件数が13件10.7%、骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし、顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし、閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等12あり 手術・処置等2なしの順となります。いずれも手術目的の入院です。平均在院日数は全国平均よりも短くなっています。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)


【皮膚科・形成外科より】
皮膚科、形成外科が密に連携した診療治療体制をとっています。現在は皮膚科医4名、形成外科2名の常勤医師により、地域の中核病院として外来、入院患者さまの治療を行っています。臨床診断、手術方法や病理組織の検討などを共同で行いつつ役割を分担し、より適切、効率的な診断、治療を行っています。 皮膚科は、乾癬、尋常性白斑、アトピー性皮膚炎などの疾患で比較的重症な症例に対してはnarrow bandUVB照射装置VTRACを用いた光線療法を併用した治療を行っています。形成外科は、顔面外傷、熱傷、軟部組織損傷といった一般外傷に対する初期治療をはじめ、手の外科、難治性潰瘍に対する手術療法を行っています。手術は、皮膚、皮下腫瘍から悪性腫瘍切除後の再建まで幅広く取りくみ、入院、外来を問わず随時行っております。また外来では瘢痕やケロイドおよび陥入爪の保存的療法を行っています。 なおレーザー治療は、色素レーザー( V b e a mPerfecta)により単純性血管腫などの血管病変を、Qスイッチアレキサンドライトレーザー(ALEXLAZR)により太田母斑などの良性皮膚色素性疾患を治療することが出来ます。
外科(乳腺)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 23 6.70 6.37 0.00 57.48
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 16 10.38 10.15 0.00 57.31
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 14 11.29 11.45 0.00 62.79
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 14 3.300 4.49 0.00 54.66
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 12 3.25 4.42 0.00 62.00
乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なしの件数が最も多く23件27.7%でした。次に乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし16件19.3%、乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし14件16.9%、乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし14件16.9%、乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり12件14.5%の順でした。
乳房の悪性腫瘍の全てのDPCコードの合計81件97.6%であり、外科(乳腺科)にとって最も多い疾患となっています。


【外科(乳腺)より】
近年、乳がん患者さまの増加は著しく、それに伴い診断や手術を含めた治療がさらに専門的となり大学病院では、先進的な医療を提供することが求められています。当科では、腫瘤(しこり)を触れない早期の乳がんに対し、マンモトーム装置を用いた生検により確実に診断できるようにしています。また、乳がんと診断された患者さまの身体的・精神的負担を最小限にしつつ確実な治療をおこなう目的で、従来からの乳房温存療法に加え、不必要な腋窩リンパ節郭清を省略する「RIと色素を用いたセンチネルリンパ節の同定と転移の検索」を実施しております。甲状腺外科疾患では、特に甲状腺がんの患者さまに対して積極的な根治手術を施行していきます。また、「甲状腺がん術後放射線ヨード内用療法」を外来で行える、茨城県では数少ない施設です。
このように当科では乳腺・甲状腺外科診療を充実させ、優しく患者さまと向き合い診断・治療とも満足を得られる医療を遂行していきたいと考えております。セカンドオピニオンも行いますのでお気軽に御相談下さい。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 7 - - 25 78 40 1 7
大腸癌 - - - 10 116 63 1 7
乳癌 - 12 - - 57 - 1 7
肺癌 14 - 45 90 56 198 1 7
肝癌 - - - - 33 109 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【初発の5大がんのUICC病期分類ならびに再発患者数の集計方法と定義について】

5大癌とは、肺癌、胃癌、肝癌、大腸癌、乳癌のことを指しています。

集計期間に入院治療を行なった患者さんについて、初発(患者)は病期分類ごとに集計し、再発(患者)は期間内の実患者数を示しています。
当院においてがんの診断・初回治療を行った場合を「初発」とし、初回治療以降の継続治療を行った場合を「再発」としています。

UICC病期分類(注1)のTNM分類(注2)と癌取扱い規約に基づくがんのStage分類から算出しています。
10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)


(注1)UICCとは
UICCはラテン語のUnio Internationalis Contra Cancrumnoの頭文字で国際対がん連合のこと
引用元:UICC(国際対がん連合)日本委員会HPより

(注2)TNMとは
TNMの3つの構成要素の評価に基づいて、病変の解剖学的広がりの範囲のこと
 T:原発腫瘍の広がりの評価
 N:所属リンパ節への転移の有無と広がりの評価
 M:遠隔転移の有無の評価
病期分類Stage0〜StageWは、これらを組み合わせてまとめたものです。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 5 9.60 55.00
中等症 53 21.38 78.00
重症 33 24.97 84.76
超重症 16 29.13 82.50
不明 - - -
【対象患者】
入院契機傷病名および最も医療資源を投入した傷病名のICD10コード(注)がJ13$〜J18$で始まる症例

(注)ICD10コードとは「疾病及び関連保健問題の国際統計分類:International Classification of Diseases and Related health problem(以下「ICD10」と略)」とは、異なる国や地域から、異なる時点で集計された死亡や疾病のデータの体系的な記録、分析、解釈及び比較を行うため、世界保健機関憲章に基づき、世界保健機関(WHO)が作成した分類法です。

【用語に対する説明】
成人:15歳以上の男女
市中肺炎:通常の社会生活の中で発生した肺炎です。通常、インフルエンザによる肺炎も含めますが、今回は除外して算出することになっているため入っておりません。
肺炎の重症度:成人市中肺炎診療ガイドライン 日本呼吸器学会「呼吸器感染症に関するガイドライン」に基づいて判定しています。
 ★重症度の判定に使用している指標
1.男性70歳以上、女性75歳以上
2.BUN:21mg/dL または脱水あり
3.SpO2:90%以下(PaO2:60Torr以下)
4.意識障害
5.血圧(収縮期)90mmHg以下

 ※1項目該当すれば1点で加点する方式。重症度が軽い状態が0、最も高い状態が5となります。
  軽症の場合は、年齢層が幅広く罹患するため平均年齢は比較的若い傾向があり、平均在院日数も短くなっています。
  重症度が1以上になると、平均年齢が上がり、平均在院日数も延び、治療に日数が必要になることが見られます。
  重症度が4以上になると、平均年齢が80代に上がり、高齢になると重症化しやすい傾向がみられます。
  高齢者が肺炎に罹患するリスクを減らし、健康管理、体力作りが重要であることがわかります。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。 (厚労省の集計条件に従う)
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 127 30.43 76.00 34.72
その他 17 23.94 60.82 1.39
【対象患者】最も医療資源を投入した傷病名のICD10コード(注)がG45$、G46$、I63$、I65$、I66$、I675、I679で始まる症例

注)ICD10コードとは「疾病及び関連保健問題の国際統計分類:International Classification of Diseases and Related health problem(以下「ICD10」と略)」とは、異なる国や地域から、異なる時点で集計された死亡や疾病のデータの体系的な記録、分析、解釈及び比較を行うため、世界保健機関憲章に基づき、世界保健機関(WHO)が作成した分類法です。
G45$:一過性脳虚血発作
G46$:大脳動脈症候群など
I63$:脳実質外動脈及び脳動脈に、血栓、塞栓、閉塞または狭窄によって脳梗塞を発症した症例
I65$:脳実質外動脈が閉塞、狭窄しているが、脳梗塞は発症していないケース 内頚動脈狭窄症、内頚動脈閉塞症など
I66$:脳動脈の閉塞および狭窄はあるが、脳梗塞は発症していないケース  大脳動脈狭窄症、ワレンベルグ症候群など
I675:もやもや病
I679:脳血管障害


平成29年度において、「脳梗塞」と診断された患者さんの約88%は発症後3日以内でした。
脳梗塞と診断された患者144名の平均年齢は79.68歳でした。また、脳梗塞の急性期治療を終了した患者さんのうち63.89%は自宅等へ退院されていますが、残りの36.11%は他医療機関等へ転院しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科(消化器)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 147 0.52 1.25 0.00 66.41
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) 43 2.05 8.95 0.00 73.30
K654 内視鏡的消化管止血術 40 3.15 15.83 5.00 71.53
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 37 8.86 17.03 2.70 77.35
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 31 0.03 7.03 0.00 71.03
手術件数の合計515件のうち、K7211内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)が147件で最も多く28.5%、次いでK6153血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの)43件8.3%、K654内視鏡的消化管止血術40件7.8%、K688内視鏡的胆道ステント留置術37件7.2%、K6532内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)31件、6.0%の順となっている。
消化器内科での手術は内視鏡的手術が主である。
内科(腎臓)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 45 8 17.53 8.89 67.78
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) - - - - -
K6153 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
手術件数の合計66件のうち、K610-3内シャント設置術等が45件で最も多く68.2%、次いでK616-4経皮的シャント拡張術・血栓除去術、K5493経皮的冠動脈ステント留置術(その他)、K6153血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの)、K6153四肢の血管拡張術・血栓除去術の順となっている。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 25 1.88 9.24 0.00 71.40
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 17 6.47 5.65 0.00 31.59
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 17 2.47 12.12 0.00 71.82
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 13 3.38 6.92 0.00 72.15
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) - - - - -
手術件数の合計117件のうち、K514-23胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える)が25件で最も多く21.4%、次いでK5131胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除))が17件14.5%、K5143肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの)が17件14.5%、K514-21胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除)13件11.1%、K5132胸腔鏡下肺切除術(その他)の順となっている。
全体では肺悪性腫瘍手術(開胸、胸腔鏡下)の件数が一番多いが、気管・気管支ステント留置術や気管支狭窄拡張術等の気管支手術、早期肺がんに対する光線力学療法等も行っている。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)
外科(消化器)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 72 1.17 3.40 1.39 69.22
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 72 1.68 6.06 0.00 63.35
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 27 3.81 10.33 0.00 70.78
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 22 10.95 15.45 0.00 72.68
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 20 0.60 5.50 0.00 36.15
手術件数の合計554件のうち、K6335鼠径ヘルニア手術とK672-2腹腔鏡下胆嚢摘出術が72件で最も多く13.0%、次いでK719-3腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術が27件4.9%、K7193結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)22件4.0%、K718-21腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)20件3.6%の順となっている。
上部消化管、下部消化管、肝胆膵の手術や内視鏡下手術等も行っている。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 129 3.56 4.08 3.10 68.90
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 71 2.80 7.42 2.82 69.92
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 33 0.00 14.55 3.03 68.15
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 32 0.22 10.88 0.00 71.47
K597-2 ペースメーカー交換術 16 1.13 7.06 6.25 80.38
手術件数の合計339件のうち、K5493経皮的冠動脈ステント留置術(その他)が129件で最も多く38.1%、次いでK616四肢の血管拡張術・血栓除去術が71件20.9%、K5491経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞)33件9.7%、K5492経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症)が32件9.4%、K597-2ペースメーカー交換術が16件4.7%の順となっている。
経皮的冠動脈ステント留置術や経皮的冠動脈形成術等のPCI(冠動脈インターベンション(心臓カテーテル治療))の件数は206件60.8%であった。
(年度内に実施した件数、他科で請求した件数を含めたすべてのPCI実施件数は248件)
また、K597-2ペースメーカー交換術、K5972ペースメーカー移植術(経静脈電極)の件数も多い。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 98 1.77 35.97 25.51 74.92
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 48 4.19 34.10 41.67 78.40
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 38 1.95 38.95 0.00 70.21
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 37 2.16 15.62 5.41 51.41
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 29 2.14 24.45 0.00 70.97
手術件数の合計578件のうち、K0461骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿)が98件で最も多く17.0%、次いでK0811人工骨頭挿入術(肩,股)が48件8.3%、K0821人工関節置換術(肩,股,膝)38件6.6%、K0462骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨)37件6.4%、K1425脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除)が29件5.0%の順となっている。
骨折観血的手術、人工骨頭挿入術・人工関節置換術、脊椎固定術・椎弓切除術等の手術件数が多い。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 38 0.37 9.37 15.79 79.21
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 24 4.54 48.67 16.67 64.29
K6101 動脈形成術、吻合術(頭蓋内動脈) 14 12.21 44.21 21.43 53.14
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 13 11.54 41.85 0.00 64.00
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 11 8.91 12.64 9.09 74.64
手術件数の合計181件のうち、K164-2慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術が38件で最も多く21.0%、次いでK1771脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)が24件13.3%、K6101動脈形成術、吻合術(頭蓋内動脈)が14件7.7%、K1692頭蓋内腫瘍摘出術(その他)13件7.2%、K609-2経皮的頸動脈ステント留置術11件6.1%の順となっている。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 48 1.25 4.17 0.00 73.04
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 41 1.41 5.66 0.00 72.27
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 29 0.00 1.00 0.00 51.28
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 20 1.15 2.75 0.00 60.40
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 18 1.67 4.61 0.00 75.67
手術件数の合計272件のうち、K8036イ膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの)が48件で最も多く17.6%、次いでK8412経尿道的前立腺手術(その他)が41件15.1%、K768体外衝撃波腎・尿管結石破砕術が29件10.7%、K7811経尿道的尿路結石除去術(レーザー)20件7.4%、K8036ロ膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの)18件6.6%の順となっている。
その他、K773腎(尿管)悪性腫瘍手術、K7812経尿道的尿路結石除去術(その他)等の件数も多い。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K879 子宮悪性腫瘍手術 33 1.45 11.58 0.00 59.88
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 26 1.19 6.19 0.00 49.31
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 25 2.12 6.92 0.00 33.52
K867 子宮頸部(腟部)切除術 20 0.95 1.00 0.00 37.85
K877 子宮全摘術 19 1.05 6.53 0.00 49.21
手術件数の合計209件のうち、K879子宮悪性腫瘍手術が33件で最も多く15.8%、次いでK8881子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹)が26件12.4%、K8982帝王切開術(選択帝王切開)が25件12.0%、K867子宮頸部(腟部)切除術20件9.6%、K877子宮全摘術19件9.1%の順となっている。
帝王切開術はK8981帝王切開術(緊急帝王切開)も8件実施しており、選択帝王切開と合わると33件の実施となる。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 450 0.46 1.34 0.00 73.34
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 175 0.68 4.37 0.00 64.09
K281 増殖性硝子体網膜症手術 58 1.07 6.07 0.00 59.74
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 33 1.12 4.00 0.00 67.33
K275 網膜復位術 29 0.24 4.86 0.00 46.24
手術件数の合計838件のうち、K2821ロ水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの)が450件最も多く53.7%、次いでK2801硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む)が175件20.9%、K281増殖性硝子体網膜症手術が58件6.9%、K2802硝子体茎顕微鏡下離断術(その他)33件3.9%、網膜復位術29件3.5%の順となっている。
水晶体再建術はこの分類以外にK2821イ水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの)とK2822水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合)を合わせると463件55.3%となる。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 59 1.05 7.32 0.00 13.81
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 28 1.04 6.50 0.00 57.21
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 18 1.06 6.44 0.00 44.11
K319 鼓室形成手術 16 1.56 6.63 0.00 35.25
K3892 喉頭・声帯ポリープ切除術(直接喉頭鏡又はファイバースコープによるもの) 12 1.25 3.00 0.00 50.50
手術件数の合計218件のうち、K3772口蓋扁桃手術(摘出)等が59件で最も多く27.1%、次いでK340-5内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)が28件12.8%、K340-6内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術)が18件8.3%、K319鼓室形成手術が16件7.3%、K3892喉頭・声帯ポリープ切除術(直接喉頭鏡又はファイバースコープによるもの)12件5.5%の順となっている。
内視鏡下鼻・副鼻腔手術は2型・3型・4型を合わせて46件21.1%実施している。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩,上腕,前腕,大腿,下腿,躯幹) 21 0.71 3.86 0.00 51.52
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) - - - - -
K0842 四肢切断術(上腕,前腕,手,大腿,下腿,足) - - - - -
K013-21 全層植皮術(25cm2未満) - - - - -
K0843 四肢切断術(指) - - - - -
手術件数の合計117件のうち、K0301四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩,上腕,前腕,大腿,下腿,躯幹)が21件で最も多く17.9%、次いでK2193眼瞼下垂症手術(その他)、 K0842四肢切断術(上腕,前腕,手,大腿,下腿,足)、K013-21全層植皮術(25cm2未満)、K0843四肢切断術(指)の順となっている。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)
外科(乳腺)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 22 1.00 4.55 0.00 57.64
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 11 1.09 8.09 0.00 58.27
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 10 1.00 8.80 0.00 63.30
K4768 乳腺悪性腫瘍手術(乳頭乳輪温存乳房切除術(腋窩郭清を伴わない)) - - - - -
K4761 乳腺悪性腫瘍手術(単純乳房切除術(乳腺全摘術)) - - - - -
手術件数の合計53件のうち、K4762乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない))が22件で最も多く41.5%、次いでK4763乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない))が11件20.8%、、K4765乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない)が10件18.9%、K4768乳腺悪性腫瘍手術(乳頭乳輪温存乳房切除術(腋窩郭清を伴わない))、K4761乳腺悪性腫瘍手術(単純乳房切除術(乳腺全摘術))の順となっている。
乳腺悪性腫瘍手術の件数は52件98.1%だった。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 10 0.10 2.70 0.00 82.30
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -
K0021 デブリードマン(100cm2未満) - - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -
手術件数の合計27件のうち、K0072皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)10件37.0%で最も多く41.5%、次いでK0051皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満)、K0062皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満)、K0021デブリードマン(100cm2未満)、K0053皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上)の順となっている。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 12 0.14
異なる 15 0.18
180010 敗血症 同一 19 0.23
異なる 11 0.13
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 37 0.44
異なる - -
この表における発生率とは、上記のICD10が「最も医療資源を投入した傷病名」として選択され、そのICD10に基づいたDPCコードが付与された症例数を集計したものを全体の症例数で除することで計算された率であり、実際の合併症発生率とは異なっています。

■項目の説明

入院契機と同一の場合:入院の契機となった傷病名と医療資源最傷病名が同じ方の件数です。

入院契機と異なる場合:他の傷病名の治療で入院し、その後発症し、医療資源最傷病名として選択した方の件数です。

播種性血管内血液凝固症候群(DIC):敗血症などが原因で、小さな血栓が全身の血管で発生する疾患で、厚生労働省DIC基準に
よるDICスコアの値、原疾患に対する治療内容、検査結果を提出することになっています。

手術・術後の合併症:手術創開離、術後感染、人工関節挿入術後の人工膝関節、股関節の感染、白内障手術後の眼内レンズ偏位や亜脱臼、透析シャント閉塞、移植後人工血管感染、アナフィラキシーショック等が主な内容になります。

10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。 (厚労省の集計条件に従う)
更新履歴
2018.9.27
新規作成
ページ先頭へ