私は2年生になり、自分の看護観を追及するため日々学習に励んでいます。

先日戴帽式を迎え、憧れだった純白のナースキャップを頂きました。看護に携わっていく者としての責任の重みを改めて感じ、「看護師となり、患者様に寄り添って行きたい」という思いを再確認することができました。
これから臨む臨地実習では、アセスメントから評価まで、幅広く、奥の深い看護を実践させていただくこととなります。困難な問題に直面し、迷うこともあると思います。しかし、今まで学んだ知識や、この先学ぶ様々なことを精一杯吸収し、学びを深めていきたいと思います。
共に困難を乗り越えられる頼もしい沢山の仲間や、母のように見守り支えて下さる先生方のお力も借りながら、患者様の求めている看護を提供できる看護師になれるよう、努力していきたいと思います。