婦人科診療

婦人科診療

婦人科の診療は、婦人科がんの診療、子宮筋腫や子宮腺筋症・子宮内膜症などの良性疾患の診療、婦人科感染症の診療、そして不妊症や更年期障害などの診療からなります。当科では、良性疾患の患者さんの場合、まず薬剤を用いての治療を試みる事が多いのですが、それのみでは対応が困難な場合には、出来るだけ低浸襲な手術での治療を心がけています。ある程度までの大きさの子宮筋腫や良性の可能性が高いと考えられる卵巣腫瘍の場合には、積極的に内視鏡下手術(腹腔鏡下手術や子宮鏡手術)での摘出を施行しています。内視鏡下での手術が困難と考えられる場合には、お腹を開けての手術(開腹手術)になりますが、その場合でも出来うる限り(傷を小さくするなど)手術による侵襲を減らす様努力しています。

婦人科がん診療では、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんなどの婦人科の主要ながんの他、外陰がん、腟がん、卵管がん、絨毛性疾患(胞状奇胎、侵入奇胎、絨毛がん)等の診療も積極的に行っています。その際、まず大事な事は正確な診断です。現在当科では、病理診断部門と週一回の婦人科病理カンファレンスを行い、臨床医(婦人科腫瘍専門医)と病理専門医がそれぞれの情報を交換しながら正確な病理診断を得る事を徹底しています。そうして精度の高い診断を元に、手術・放射線療法・化学療法など、がん治療に必須であるすべての分野に精通した婦人科腫瘍専門医が十分に説明を行い、患者さんが納得して治療を選択することができるよう取り組んでいます。その際、患者さんの現在の病状とそこから考え得る治療法について、十分に情報を提供し、その内容を御理解頂いた上で治療の選択肢を提示しますので、その上で患者さん自身が納得して治療法を選択されることが最も重要だと考えています。また、がん診療においては、患者さん御自身のみならず御家族にも大きな肉体的・精神的負担がかかります。患者さん本人のみならず、御家族をも含めて負担を軽減し、患者さんと家族、そして医療従事者が一体となって患者さんの望む医療を実現すべく邁進する事が非常に重要です。そして、例えどんなに辛い状況のどのような病状のであっても、私たち医療従事者が関わることにより「必ず笑顔を取り戻せる」という信念をもって診療にあたっています。

不妊症については、現在専門の医師が不在であるため提供出来る内容は、一般的な不妊診療(タイミングや人工授精まで)になります。

婦人科に入院される患者様へ

当センターの婦人科に興味を持ってくださりありがとうございます。私たち看護スタッフは、患者様お一人おひとりを尊重し、安心で満足していただける看護が提供できるよう努力しております。
入院中は、受け持ち看護師が婦人科疾患に伴う様々な症状や患者様の状況にあった看護計画を立て実行していきます。またセンター内の専門チームや認定看護師との連携により、質の高い看護の提供を目指しています。

手術症例

<婦人科> 平成24年度
平成24年度は、3ヶ月間の保険診療停止の影響を受けており、例年とは診療実績が異なる事をお断り申し上げます。


手術名 症例数
開腹手術(悪性腫瘍含む) 108件
腹腔鏡手術(卵巣腫瘍、子宮筋腫ほか) 20件
腟式手術(円錐切除術、性器脱手術ほか) 57件
悪性腫瘍(浸潤がん)手術 計43件
子宮頸がん 6件
子宮体がん 21件
卵巣がん 12件
外陰癌 1件
その他の悪性腫瘍手術 3件

がん診療について

当科では、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんなどの婦人科悪性腫瘍を主として、それ以外の婦人科領域のがん(外陰がん、腟がん、卵管がん等)や絨毛性疾患(胞状奇胎、侵入奇胎、絨毛がん)等の診療を行っています。

婦人科がん診療の根本は正確な診断にあります。そのため現在当科では、病理診断部門と週一回の合同カンファレンスを行い、正確な病理診断を徹底しています。また治療においては、手術、放射線療法、化学療法など、がん治療に必要な、いずれの分野にも精通した腫瘍専門の医師が十分な説明を行い、患者さんが納得して治療を選択することができるよう取り組んでいます。

患者さんの現在の病状とそこから考え得る治療法について、十分に御理解頂いた上で、患者さん御自身が納得して治療法を選択されることが最も重要だと考えています。特にがん診療においては、患者さん御自身のみならず、御家族にも大きな肉体的、精神的負担がかかるのが現実です。患者さん御本人のみならず、ご家族をも含めて、そういった負担を軽減し、患者さんと家族、そして医療従事者が一体となって患者さんの望む医療実現に向けて邁進する事が非常に重要です。

そして、例えどんなに辛い状況のどのような御病状の患者さんであっても、私たちが関わることにより「必ず笑顔を取り戻せる」という信念をもって診療にあたってまいります。

当科で行っている緩和ケア

がん診療では、患者さん本人のみならずその家族にも大きな肉体的・精神的負担がかかります。病状によっては根治が難しい場合もあり、医療従事者が患者さんやその御家族へいろいろな意味で関わる事は不可欠です。この場合、患者さんの痛みを和らげたり、つらさを少なくしたりといった肉体的な対応・ケアのみならず、本人や家族の精神的なサポート・ケアのお手伝いをしながら、患者さん自身が残された時間の生き方を考え選択され、最後の生きる目標が達成できるように、家族や医療従事者が力になってゆくことが重要だと考えています。

また、外泊や退院される際には、在宅での生活支援のために地域の医師や訪問看護ステーション、調剤薬局などと協調しながら患者さんが家で過ごして頂ける様、病棟ナースはもちろん、病院の退院調整ナースやメディカルソーシャルワーカー、精神科医師、栄養士らと共に患者さんが快適にお帰り頂ける様努力して行きたいと考えています。

尚、当科科長である藤村は以上の理念を元に、平成24年11月、全国の婦人科腫瘍の専門医有志を募り、学会「特定非営利活動法人 婦人科腫瘍の緩和医療を考える会」を立ち上げました。今後は、全国の婦人科腫瘍の診療施設における緩和医療の実態調査をはじめ、各種調査・研究活動および緩和医療に関する啓発活動に力を入れてゆきたいと考えています。

一番上に戻る

骨盤臓器脱

骨盤臓器脱の種類

膀胱瘤:膀胱壁が腟口から出てきている状態

子宮脱:子宮が腟口から出てきている状態

直腸瘤:直腸壁が腟口から出てきている状態

小腸瘤(腟断端脱):腟断端が腟口から出てきている状態

骨盤臓器脱の起きる理由

産科的因子:巨大児の分娩、鉗子分娩や吸引分娩のような操作を伴った経腟分娩など

その他:肥満、遺伝性の結合組織障害、咳や便秘などによる慢性的な腹圧上昇、重いものを持ち上げるような重労働

骨盤臓器脱の治療方法(当院における“脱”の治療方針)

患者様と担当医との相談の上、最も皆さんに合った治療法を模索してまいります。

  • 経過観察
    1. 骨盤底筋体操
    2. 経口・膣内ホルモン治療
  • 保存的治療法
    1. 骨盤底筋体操
    2. 膣内装具(リングペッサリーなど)
    3. 腟口装着具(フェミクッションR)術前待機、(イメージ参照)
  • 外科的治療法
    1. 腟式(子宮全摘、腟壁形成術、TVM(tension-free vaginal mesh):膀胱脱メッシュ手術)
    2. 腹式(子宮全摘、仙骨固定術)
骨盤臓器脱
一番上に戻る
〒300-0395 茨城県稲敷郡阿見町中央3-20-1 029-887-1161(代)
診療について
月〜金
午前・午後
午前:交代制 午後:休診
日祝日
休診
婦人科診療について 4Dエコーによる健診 エステについて 里帰り出産の方へ 助産外来について
< 表示推奨ブラウザ/OS >
※ Windows 2000,XP,Vista
※ Microsoft Internet Explorer 7.0
※ 文字サイズ 中