HOME > 看護部紹介 > 委員会活動

委員会活動

記録委員会

医療・看護の提供にあたり、効果的・効率的で医療水準を高めるための科学的根拠に基づいた技術、ケアが求められています。その中で、看護ケア実践が記録されている「看護記録」は、適切な看護ケア実践とその適正を証明するための重要な記録となります。私たち看護部記録委員は、自ら行った看護を、記録を通して証明することのできる「見える看護記録」が出来ることを目的とし、医療の実践と診療記録、看護記録に関する問題の解決、課題達成に向けて日々活動しています。

活動内容

  • 適切な看護記録記載に繋がる院内教育の実施
  • 看護記録規定記載基準の見直し
  • 妥当性と根拠のある看護記録がされているのか監査の実施
  • 重症度、医療・看護必要度の適正評価に繋がる院内教育の実施
  • 重症度、医療・看護必要度の適正評価における監査の実施
  • クリニカルパスの整備
記録監査ラウンド
選択研修「看護記録」グループワーク風景

業務委員会

業務委員会は、安全で効率性のある、患者さんにやさしい看護業務の提供、看護助手が安全に業務遂行でき、看護師の補助的役割が果たせることを目的に「看護ケア基準」・「看護業務見直し」・「看護助手教育・業務拡大」チームで構成され活動しています。

看護ケア基準チーム

看護ケア基準チームでは、臨床における標準的な看護手順・基準を作成し、患者様へ看護手順に沿った看護が提供できるよう取り組んでいます。また、ナーシングスキルの導入により、いつでも看護手順の確認・習得ができるよう整備されています。ナーシングスキルをもとに看護ケア基準を見直し、より安全性の高い技術の提供、看護師のスキルアップに繋がるように努めています。

看護業務見直しチーム

看護業務見直しチームは、新規材料の検討・試験運用から導入、各部署からの意見をもとに看護業務の検討・実施・評価を行うとともに、少しでも楽しく自分達の仕事ができ充実した看護が提供できるように安全と効率性を視野に入れた看護業務の見直しを図る活動を行っています。また、各病棟で口腔ケアの充実が図れ、看護記録として残せるようOAGスコアによるプロトコールに合わせたケアの実施状況の評価を行っています。

看護助手教育・業務拡大チーム

看護助手教育、業務拡大チームでは、昨年度より業務委員会で看護師と看護助手間での情報共有を図り、率先して不安なく日常生活援助ができるよう、看護助手教育の計画立案・実施・評価に努めています。また、中途採用者のオリエンテーションを入職時に行っています。
さらに、看護師の業務負担軽減を視野に入れた患者様のケア充実の時間確保に向け、看護助手との意見交換を定期的に行い業務の見直し・拡大に努めており、看護師と看護助手が相互に役割を認識し、安全で質の高い看護サービスの提供を目指しています。

教育委員会

看護部の理念

  • 心に寄り添う温かな看護

行動指針

  • 患者さんとの信頼関係を大切にし、優しさ溢れる看護を提供します
  • 患者さんの権利を尊重し、安全で安心な看護を提供します
  • 患者さんの気持ちに寄り添い、意思決定を尊重できるよう支援します
  • 地域連携を密にし、患者満足が得られる看護提供を目指します
  • 医療人として人間性豊かで倫理感を重視できる人材を育成します

看護継続教育

教育目的

看護専門職として、対象の心に寄り添う温かでニーズに沿った質の高い看護ケアを考え、更に提供するために必要な知識・技術・態度の向上を図る。

教育目標

継続して学ぶ姿勢と、進んで自己研鑽していく前向きな気持ちを養い、心に寄り添う温かで安全・安楽な看護が提供できる人材を育成する。

私たちの目指す看護師像

  • 安全・安楽な看護が提供できる看護師
  • 看護技術にキラリと光るセンスのある看護師
  • 広い視点で物事を考えられる看護師
  • 自ら進んで研鑽しようとするポジティブ思考の看護師

育てたい看護師像

  • 基本的な看護技術の実践ができる看護師
  • 自ら考え、他者へ相談のできる看護師
  • 笑顔で、社会性のある看護師

広報委員会

広報委員会は、次世代を視野に入れた人材確保と看護部の広報活動を行うことを目的に活動しています。ホームページを充実し、看護部の情報提供と活動状況の提供ができるように取り組んでいます。

活動内容

「中学生就業体験」・「高校生1日看護体験」

近隣の中学生を対象に、病棟看護師と共に清拭や洗髪・車椅子移送、患者さんとのコミュニケーションを実際に体験し、職業観や働く意義を考えることができるよう活動を行っています。また、茨城県看護協会主催の高校生1日看護体験に協力し、県内の高校生を対象に「看護の心」に触れることで看護職への次世代育成に向けた活動をしています。どちらも、夏休みを利用し行っています。
中学生就業体験では、看護師の白衣とナースキャップを付けて看護の現場を見学します。

 

「インターンシップ」

春と夏に開催しています。スタッフと共に現場の看護を体験することで、自分の目と肌で東京医科大学茨城医療センターをより知って頂くことができます。

 

◇より看護に興味を持って頂くことができるよう、広報紙『~輝く未来のNurseたちへ~』を作製しています。

◇学校主催や企業が企画する『就職説明会』に参加し、人材確保につながる活動をしています

連携委員会

退院された患者さんが適切な医療やケアを受けながら、住み慣れた地域で生活できるよう支援・調整を行っています。また、必要な社会資源、社会保障制度を利用し、退院調整部門、在宅療養する地域との連携を図るパイプ役になれるよう活動しています。