HOME > 看護部紹介 > 職場紹介 > 病棟紹介

病棟紹介

病棟名 診療科
中央病棟2階 呼吸器内科・呼吸器外科
中央病棟3階 脳神経内科・脳神経外科
中央病棟4階 産婦人科・小児科・乳腺科
東館3階 集中治療部中央手術部
東館4階 循環器内科・腎臓内科・耳鼻咽喉科・歯科口腔外科
東館5階 消化器内科・代謝内分泌内科
東館6階 消化器外科・感染症科・泌尿器科・睡眠呼吸障害センター
南館1階 病院管理区域
南館2階 整形外科・形成外科
南館3階 眼科・皮膚科・総合診療科
南館4階 地域包括ケア病棟

中央病棟2F

呼吸器内科・外科疾患を主科とする入院病床53床(緊急入院用病床8床を含む)の病棟です。主な治療は化学療法・放射線療法・免疫療法等の内科的治療と、手術などの外科的治療等の、急性期から慢性期まで総合的にサポートできるチーム医療を推進しています。主治医とカンファレンスを行い、治療方針や看護上の問題点を確認しながら介入すると共に、他職種や地域との連携を図り、患者・家族の意向に添った退院支援に努めております。

 医師と人工呼吸器の設定確認の様子
医師とカンファレンスの様子

中央病棟3F

脳神経外科、脳神経内科主科とする病床数43床の病棟です。脳卒中、脳腫瘍に対する外科的治療や血管内治療、筋委縮性硬化症等の神経疾患に対して治療を行っています。発症直後や手術後の急性期から慢性期の時期まで、医師を中心に他職種と連携を図り、安全安楽と、個々の患者・家族に合った柔軟な支援ができるように日々努めています。また、日々進歩していく医療技術に対し高い専門的知識を持ち対応できるように日々切磋琢磨しています。

 術後の患者さんの状態観察
医師と看護師との申し送り風景

中央病棟4F

中央4階病棟は、産婦人科・乳腺科・小児科を主体とする病棟です。女性疾患特有の不安に対して心に寄り添う看護を提供しております。産科では安心して出産に臨めるよう外来から継続したサポート体制に取り組んでいます。小児科では個々の発達に合わせた看護の提供を心がけています。患者様が安心して治療に臨めるよう思いやりと優しさと笑顔のサポートができるようスタッフ全員で協力しています。

 小児科プレイルーム
医産科入院アメニティーグッズ
☆ベビー服が変わりました。
*産婦人科専用HPあります。

集中治療部

ベッド数8床でワンフロア―の構造になっており、侵襲の大きな手術後や救急外来を含めた院内全ての重症患者様が入室しています。医師を含め様々な部署と連携を図り、個々の患者様の病態に合わせた最善の治療と看護を提供しています。日々患者様、ご家族に寄り添う看護を心がけ、信頼関係を大切に優しい心を忘れず、看護を実践しています。

 集中治療室(フロアー)
チームカンファレンス

中央手術部

年間3800件の手術を行っております。携わっている診療科は呼吸器外科、外科(消化器・乳腺)、脳神経外科、整形外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、形成外科、口腔外科、内科(腎臓)の11科です。スタッフ一同、医師と協力し“安全で安心な手術室”になるよう日々、努力しています。

 手術前手洗いの様子
消化器外科医師による内視鏡手術の様子

東館4F

ベッド数49床の循環器内科、腎臓内科、耳鼻咽喉科、口腔外科を主科とする病棟です。周手術期の充実に加えて、急性心筋梗塞や心不全、腎不全など重篤かつ専門性の高い疾患に対し、透析室や集中治療室と連携を図りながら、急性期から回復期まで、医師・看護師・薬剤師・リハビリスタッフ・SWが一丸となり治療と退院調整を行うと共に患者・家族の意向に沿った心に寄り添う温かな看護が提供できるよう心がけています。

 多職種カンファレンス風景
循環器医師による心臓カテーテル検査

東館5F

消化器内科・代謝内分泌内科の病棟です。消化器内科では内視鏡治療など様々な検査治療を行っています。処置介助の際は患者様の不安軽減に努め、スムーズな処置が行えるよう医師と連携しています。代謝内分泌内科はインスリン療法、生活指導を糖尿病認定看護師(1名)・糖尿病療養指導士(2名)が中心となり、医師、薬剤師、栄養士との連携を図り取り組んでいます。毎週多職種合同カンファレンスを行い情報の共有を図っています。

 消化器内科医師によるエコー検査
代謝内分泌内科多職種合同カンファレンス

東館6F

東館6階は外科(消化器)、泌尿器科、睡眠呼吸障害センターの病棟です。手術や化学療法などを目的とした患者が多く、多職種(医師、薬剤師、栄養士、ソーシャルワーカーなど)と連携を図りながら、治療・看護に取り組んでいます。また感染を有する患者を対象とした病室も完備しています。スタッフ一同、患者の心に寄り添う看護が提供できるよう、日々笑顔を忘れず努力しています。

 手術室看護師との情報共有場面
医師と看護師のカンファレンス場面

南病棟2F

疾患や治療により日常生活動作に制限が生じたり、痛みや苦痛のある患者様が多く入院しています。患者様の立場に立ち安全で思いやりのある看護が提供できるよう努めています。また、医師・看護師・リハビリ・MSWが連携を図り定期的にカンファレンスを実施し、患者様の日常生活動作の向上・早期在宅復帰に向けて支援を行っています。

 南2階病棟の愉快な仲間たち
他職種カンファレンス

南病棟3F

南3階病棟は、眼科・皮膚科・混合科の病棟です。眼科では、視力障碍を持つ患者が安心して手術に臨み、その後の入院生活や退院後の療養生活が継続できるよう、外来や他職種との連携を図り看護提供しています。
皮膚科は難治性皮膚炎に対する光線療法や重度褥瘡に対する陰圧閉鎖療法、帯状疱疹・蜂窩織炎などに対する薬物療法を行っています。安全・安楽に努め「患者さまに寄り添う個別性を踏まえた看護」を目指し、生活援助と退院支援を心がけています。

 カンファレンスの様子
点眼薬と保護メガネ

南病棟4F

地域包括ケア病棟は、急性期治療を終えた多科の患者様が入院している39床の病棟です。整形外科・皮膚科・循環器科・形成外科等の様々な疾患を抱える患者様に在宅復帰に向けて安心・安全な医療・看護を提供できるよう定期的に多職種カンファレンスを実施しています。自立・退院支援に向けて医師・看護師・在宅復帰支援担当者・理学・作業療法士・MSW・薬剤師・ケアマネージャー・施設スタッフ、他職種や地域との連携を図り、患者様・家族に寄り添った看護を提供できるよう日々取り組んでいます。

多職種カンファレンス(整形・リハビリ)
多職種カンファレンス (退院支援)