HOME > 診療案内 > 訪問看護ステーション

訪問看護ステーション

訪問看護とは・・・

病気や障害を持った人が住みなれた家庭や地域で、その人らしい療養生活が送れるように、看護師等を生活の場であるご自宅に訪問し、看護ケアを提供します。

訪問看護サービスの特徴

簡単です・・・

ご利用は、訪問看護ステーションまたは主治医、担当ケアマネージャーにご相談下さい。

安心です・・・

各種保険対応、医療費控除の対象です。又、主治医や関係医療機関との連携を取り、症状に応じたケアを提供いたします。

信頼できます・・・

訪問看護ステーションのスタッフは、看護師の資格と経験をもったスタッフです。

広がりが期待できます・・・

ご希望を伺いながら、市町村、保健所、福祉・医療機関などと連携を図り、療養に必要なサービスの輪を広げます。

訪問看護ステーションのサービス内容

訪問看護ステーションから専門の看護師等が利用者様のご家庭を訪問し、病状や療養生活をくらしの視点で看ます。その後、適切な判断に基づいたケアとアドバイスで、24時間365日対応し在宅での療養生活が送れるように支援します。
訪問看護ステーションでは、次のようなサービスを提供しています。

  • 療養上のお世話・・・身体の清拭、洗髪、入浴介助、食事や排泄などの介助・指導
  • 病状の観察・・・病気や障害の状態、血圧・体温・脈拍などのチェック、内服状況や副作用の確認・糖尿病や腎不全・心不全などの慢性疾患の方の病状安定に効果があるます
  • ターミナルケア・・・がん末期や終末期に、自宅で過ごせるようなお手伝い
  • 在宅でのリハビリテーション・・・関節拘縮の予防や機能回復、嚥下機能訓練など
  • ご家族への介護支援・相談・・・介護方法の指導ほか、様々な相談に対処
  • 医師の指示による医療処置・・・尿管・胃管(経管栄養)・気管切開(吸引・吸入)の管理やかかりつけ医の指示に基づく医療処置
  • 医療機器の管理・・・在宅酸素・人工呼吸器・中心静脈栄養や医師の指示による点滴管理など
  • 床ずれの予防と処置・・・床ずれ防止の工夫や指導、床ずれの手当てや栄養面防止などの工夫や指導
  • 認知症ケア・・・事故防止、関わり方の相談・工夫のアドバイス
  • 介護予防・・・低栄養状態や運動機能低下を防ぐアドバイス
  • 精神科ケア・・・お話を伺い、生活上の工夫やアドバイス

訪問看護を利用できるのはどんな人?

訪問看護は、病気や障害のある方が利用できます。医療保険・介護保険のどちらかでサービスを受けます。かかりつけ医の「訪問看護指示書」が必要になります。訪問看護はかかりつけ医からの訪問看護指示書に従い必要なサービスを提供します。

訪問看護ステーションスタッフ

訪問看護は病院と在宅のかけ橋です

必要な医療サービスが途切れたり、切れ間ができないように、また利用者様の生活の質を維持できるよう、地域にある病院や診療所、ケアマネージャーや福祉分野と連携して在宅生活を支える地域ケアシステムチームの一員として活動しています。

業務案内

営業時間

平 日:8:30~16:30
土曜日:8:30~12:30(1・3・5土曜日)
(日曜日・祝日・年末年始(12/29~1/3)・第2・4土曜日・4月第3週土曜日は休業)

訪問時間

1回あたり 30分~90分

利用料金

介護保険・医療保険・その他の制度で異なります。詳細はご説明いたします。

利用範囲

阿見町を中心に、土浦市、美浦村、稲敷市に訪問していますのでご相談下さい。

関連機関

東京医科大学茨城医療センター

お問い合わせ

東京医科大学霞ヶ浦訪問看護ステーション

〒300-0395 茨城県稲敷郡阿見町中央3-21-1

電話番号:029-888-1711

FAX:029-888-1828

E-mail:houmonst@tokyo-med.ac.jp

よくある質問

訪問看護は誰でも受けられますか?

病気やけがで寝たきりになる心配のある方,脳卒中の後遺症などでリハビリが必要な方、痴呆症精神的に不安のある方、医療処置のある方などが利用できます。介護保険かふつうの健康保険のどちらを使うにしても主治医の先生から訪問看護指示書を出していただくことになります。

2カ所の施設から訪問看護に来てもらうことはできますか?

できます。病院と訪問看護ステーションまたは2カ所の訪問看護ステーションを利用する事ができる場合があります。利用する保険、病名、病態で異なりますので、ご相談下さい。

訪問地域は決まっていますか?

当ステーションのある阿見町を中心に、阿見・美浦・土浦(一部)・稲敷(一部)に訪問しています。地域についてはご相談ください。

訪問看護の料金はどれくらいかかりますか?

介護保険や各種医療保険をご利用いただけます。介護保険で利用される場合は原則1割ないし2割負担、医療保険で利用される場合は保険の種類(1割から3割)や各種公費制度によって負担額が異なります。
介護保険の場合

週1回1時間未満の訪問看護を受けた場合、月4回利用で4,000円前後です。

医療保険の場合

週1回の訪問看護を受けた場合、月4回利用で3割負担の方は15,000円前後、1割負担の方は5,000円前後です。

*ご利用者さまの状態や症状によって利用料金に加算がつく場合がありますので、詳細につきましては、お気軽に当ステーションにお問い合わせ下さい。

交通費はかかりますか?

介護保険の場合、通常の実施地域を越えたところから片道1k30円の往復60円をいただきます。医療保険の場合は片道2km以内50円、2km越えから5km以内100円、5km越えから10km以内150円、10km越えから1kmごとに30円の加算となりいずれも往復分をいただきます。この金額は当ステーションご利用の場合なので、他のステーションの交通費についてはご確認下さい。

処置に使用するガーゼや器材は自宅で用意するのですか?

床ずれ、その他の創部に使用するガーゼ、尿の管、洗浄用の液などは、主治医の先生に用意していただきます。不足分のガーゼをご家庭で用意していただくこともあります。

訪問看護は夜間休日も訪問してもらえますか?

ステーションは24時間連絡体制をとっていますので緊急の場合は電話で相談できます。また状態によっては夜間休日の訪問もできます。 但し、通常の訪問看護は月~金通常営業時間までとなっております。

訪問看護の時に家族がいないといけませんか?

お一人住まいの方や、日中お一人の方のお宅は、ご家族がいらっしゃらなくても訪問看護師が行っています。事前によく相談したうえで、お留守宅でも大丈夫かどうかを決定します。

主治医は変更できますか?

病院を退院するときに往診をしていただける先生にご紹介していただくなど変更は可能です。

在宅で点滴は受けられますか?

主治医の先生が往診の時や、主治医の指示で行うことができます。

介護保険のサービスにはどんなものがありますか?

訪問看護をはじめとする居宅サービスには訪問入浴、ホームヘルパー、デイサービス、デイケアなどがあります。施設サービスは、老人保健施設、特別養護老人ホーム、療養病床等があります。くわしくはケアマネジャーまでどうぞ。