HOME > 診療案内 > 中央診療部門 > 外来化学療法センター

外来化学療法センター

特色

診療紹介

がん患者様の抗がん剤治療は、従来入院で行われていました。しかし、患者様のQOL維持と副作用の少ない抗がん剤の開発、副作用を抑える薬剤による支持療法の開発、点滴時間の短縮などによる抗がん剤の安全な使用法が確立され、外来化学療法を施行する病院が増えてきました。
当院でも2005年より外来化学療法センターを立ち上げ、各診療科の努力により外来化学療法センターの患者数が徐々に増加し、2006年4月4日より東館2階へ移設し、10床で行っております。

治療を受ける患者様がリラックスでき、また食事も摂れるようなスペースを完備しています。こちらは待合室にもなっておりますので、ご家族の方にもご利用いただけます。
※他院で治療を受けられている患者様のかつら見本の見学については、事前に化学療法センターまでご連絡をお願いします。
(代表:029-887-1161 化学療法センター 内線 1184 まで)

 

抗がん剤に関するパンフレットや脱毛に対してのパンフレット・かつらの見本もありますので、お気軽にご相談下さい。

診療体制

関連する診療科は、外科(消化器、乳腺)、内科(呼吸器、消化器)、呼吸器外科、産婦人科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、皮膚科です。ベッド数は10床で、内5床は電動リクライニングベッドを導入し、各ベッドには個人用テレビも設置されております。患者様に不便をかけないよう、トイレもセンター内に2室あります。また点滴中の食事や水分摂取も可能なスペースもあります。クラシック音楽を聞きながら、患者様が安心してリラックスした気分で点滴治療が受けられるように配慮しております。ベッドの予約も院内LANを通して外来コンピューターより予約でき、投与薬剤のオーダーも化学療法委員会で承認され登録された薬剤、投与量、投与法のみがコンピューター上でオーダーすることができ、リスクマネージメントにも力を入れています。

スタッフ紹介

 

センター長・教授 小山 信之

 

副センター長・准教授 岩本 淳一

専門:消化器一般、炎症性腸疾患
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 指導医・専門医
  • 日本消化管学会 認定医
  • 日本ヘリコバクター学会 ピロリ菌感染症認定医
  • 日本がん治療認定医機構 暫定教育医

副センター長・准教授 黒田 功

専門:泌尿器科一般
  • 日本泌尿器科学会 専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医・指導責任者
 

がん化学療法看護認定看護師 櫻井 規光子

診療実績

診療実績を表に示します。延べ治療患者数は、H17年度746例からスタートしH23年度には1867例と順調に症例数を伸ばしていましたが、H24年度は12月から3ヶ月間の保険取消期間があったため、1652例と症例数の減少がみられました。H25年度は1746例、H26年度は1868例、H27年度は1695例、H28年度は2171例、H29年度は2,033例、H30年度も2,573例と目標を超えております。
当院の場合、周辺地域からの公共交通網の未整備により通院困難なため、入院での化学療法を希望する方も多くいるのが現状です。H30年度の各科の利用状況は、呼吸器外科315例、呼吸器内科464例、消化器外科776例、消化器内科474例、乳腺科294例、泌尿器科40例、脳神経外科7例、婦人科137例、皮膚科48例、眼科12例、小児科6例でした。小児科ではクローン病での利用をしています。毎月開催されている化学療法委員会では、診療実績、アクシデントレポート、外来および入院化学療法の検討などを行い、当院でのより良い化学療法の施行を目指して努力しています。入院化学療法においてオーダリングのセット化と整備を行い、入院化学療法でのリスクマネージメント向上を図っています。また、定期的な勉強会を開催し院内・外スタッフの化学療法に対する知識向上に努め、地域がん診療拠点病院委員会との共催による研修会を開催し、地域がん診療の標準化に向けた活動を行っています。

表1 外来化学療法実施件数
   
H25年度 H26年度 H27年度 H28年度 H29年度 H30年度
呼吸器外科 139 108 68 125 187 315
内科(呼吸器) 176 281 436 538 430 464
外科(消化器) 339 379 329 397 649 776
内科(消化器) 304 340 269 404 521 474
外科(乳腺科) 570 669 505 563 348 294
婦人科 146 41 46 86 108 137
泌尿器科 55 4 0 0 2 40
脳神経外科           7
耳鼻咽喉科 0 0 0 0 0 0
リウマチ科 0 0 0 0    
皮膚科 13 40 35 47 50 48
内科(感染症科) 0 0 0 0    
眼科       6 7 12
小児科 4 6 7 5 5 6
総計 1,746 1,868 1,695 2,171 2,307 2,573

医療機関・保険薬局のみなさまへ

 当施設では、抗がん剤治療をレジメン(投与計画)に沿って実施しています。レジメンの中には内服抗がん剤等を併用するレジメンも多くあります。内服薬に関しては院外処方を行っております。保険薬局におかれましてはレジメン内容(投与計画の内容)を理解していただき監査等の処方チェックに際してお役立ていただければ幸いです。ホームページ上に当施設の採用レジメンを掲載させていただきます。 がん化学療法レジメン等に関するお問い合わせは、薬剤部(内線 1797)までお願いします。

東京医科大学茨城医療センター 化学療法採用レジメン

詳しくは PDFファイルをご覧ください。