薬剤部

特色

現在、当薬剤部は16名の薬剤師で日常の業務に取り組んでいます。
当薬剤部では、調剤業務、薬品管理業務、病棟業務、製剤・注射剤混合調製業務、医薬品情報業務、治験業務等を行っています。また循環器科、消化器科、代謝内科、緩和医療科、感染症科等でカンファレンスや院内ラウンドに加わりチーム医療を推進しています。

調剤業務

調剤室では、入院中の患者様と一部の外来受診の患者様の処方箋調剤と持参薬鑑別・代替薬紹介業務を行っております。電子カルテが導入されており、医師が入力した処方箋が自動的に調剤室に送信されます。薬剤師は医師が処方したお薬について、用法・用量が適正か併用に問題がないかなどを鑑査します。薬によっては腎機能を確認し、必要に応じて問い合わせをして患者様に適切な薬剤が選択されるように調剤を実施しています。

薬品管理業務

医師の注射オーダにより発行された注射薬処方箋について、投与予定・投与量・投与方法・投与速度・配合変化などの確認を行い、必要に応じて処方した医師へ確認を行った後、処方ごとに取り揃えて病棟に払い出しています。

医薬品情報業務

医薬品情報業務(以下DI業務)とは医薬品に関する多種多様な情報を収集して、その情報を薬剤師の視点から評価し、医療現場で役に立つ情報に加工して医師・看護師・医療事務等現場の医療スタッフに提供しています。目立つ様な業務ではありませんが、より良い薬物情報を提供するためには医療スタッフが同一レベルで情報を共有することが必要であり、そのために厚生労働省から発せられる情報、医薬品を製造する製薬会社から届く情報を可能な限り集め、その収集した情報を整理し、現場の医療スタッフにとってわかりやすいように加工して提供する作業を行っています。広く情報を収集することと迅速な情報提供を行うことが求められる業務です。

病棟業務

病棟では、入院患者への服薬指導に加え、医師への処方支援および看護師に薬の安全管理と薬物療法の相談、サポート等を行っています。服薬指導の前には、副作用歴、服薬状況、同居状況、健康食品の利用状況、OTC薬を含む持参薬、各種検査結果を確認しています。そして医師、看護師等と安全な薬物治療を確保し、退院後の自宅での適切かつ安全な薬の管理へと指導をつなげています。

製剤・注射剤混合調製業務

当院では注射抗がん剤による治療を受けられる患者様の注射薬の調製は入院、通院問わずに薬剤師が全て行うことを基本としています。また十分に食事摂取ができない入院患者様への中心静脈栄養輸液の混合調製も積極的に行っています。 製剤においては治療上必要な市販されていない治療薬の調製を行っています。これらの調製は無菌設備などの必要な環境下で行われます。

スタッフ紹介

当薬剤部における取得認定

  • 日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師 2名
  • 日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師 7名
  • 日本病院薬剤師会がん薬物療法認定薬剤師 1名
  • 日本病院薬剤師会感染制御認定薬剤師 1名
  • 日本緩和医療学会緩和薬物療法認定薬剤師 1名
  • 糖尿病療養指導士認定機構 糖尿病療養指導士 2名
  • 日本腎臓病薬物療法学会腎臓病薬物療法認定薬剤師 1名
  • 日本骨粗鬆症学会骨粗鬆症マネージャー 1名
  • 日本高血圧学会・日本循環器病予防学会認定 高血圧・循環器病予防療養指導士 1名
  • 肝炎医療治療コーディネーター 5名
  • 吸入療法アカデミー認定吸入指導薬剤師 1名

教育

高齢化に加え、地域性や医療施設によって患者様の疾患も様々です。特に当薬剤部では、地域で求められる薬剤師の育成に重点を置いた教育が重要であると考えています。患者様によりよい医療を提供するには、多くの場面で専門の知識が必要になります。当薬剤部では、必要な専門知識の習得と自己研鑽を称賛しており、日本病院薬剤師会また日本医療薬学会、他の各種学会・団体等の認定取得について推奨しています。また認定取得のための学会参加や必須の講習受講に要する費用についても経済的なサポートがあります。