HOME > 看護部紹介 > 専門・認定看護師紹介

専門・認定看護師紹介

専門看護師・認定看護師は、日本看護協会が認定する資格を取得した後、各専門分野の看護実践と自己研鑽を積んでいる看護師です。
当院の専門看護師・認定看護師の各々は、患者さんやご家族へ専門性を発揮した看護を提供しております。また、当院の看護師だけでなく、院外の医療従事者への教育活動にも携わり、看護の質の向上に努めています。

専門・認定看護領域一覧

専門看護分野 人数
急性・重症患者看護 1名
母性看護 1名
認定看護分野 人数
感染管理 2名
糖尿病看護 2名
緩和ケア 2名
集中ケア 1名
救急看護 1名
がん化学療法看護 2名
認知症看護 1名
皮膚・排泄ケア 2名
乳がん看護 1名
摂食・嚥下障害看護 1名

専門・認定看護師紹介

急性・重症患者看護専門看護師 集中ケア認定看護師

石塚かつ子

ICUは、生死の境をさまよう患者さんの生命維持の最後の砦となる場所です。危機的状況にある患者さん・御家族の体験する苦悩は図り知れません。そのため、より思いに寄り添うために「1.5人称」の視点で関わり、専門的な知識、技術でその人らしく生きること・回復することを支える看護を実践しています。また、患者さん中心のチーム医療の推進・多職種間の調整役割を担い、多岐に渡った組織横断的活動を行っていきたいと思っています。

母性看護専門看護師

小林由美

妊産褥婦を対象とした周産期の母子に対する援助を中心に、女性の一生にわたる健康への援助を主な役割として、様々な職種と協働しながらすべてのライフステージの女性とその家族を対象にケアを提供しています。
母性看護専門看護師として、妊娠中だけではなく退院後も地域と連携し継続した支援を行い、すべてのお母さんと赤ちゃんが安心して過ごせるよう援助させていただきます。

救急看護認定看護師

石川景子

現在、病棟に所属し、より良い看護、チーム医療を目指し、現場の中で実践、指導を行っています。また、急な病状変化により生命危機状態に陥った患者さんに対する病院内の急変対応を中心に事例の検証や部署へのフィードバックを実施し、勉強会やシミュレーションを実施しています。急変はあらゆる場所で起こりえ、対応も重要ですが、その以前に起こさない、予防的な視点を中心に研修等を看護師中心に実施しています。

感染管理認定看護師

鈴木昌子

感染制御部に所属し、感染制御部副部長・専従感染管理者として日々活動しています。患者様やその家族、職員等病院に関わる全ての人を感染から守るため、安全な療養・職場環境の提供を目指しています。感染発生の察知に努め、現場での指導・相談、感染対策体制の調整等を行っています。また、当院は、感染対策向上加算1を取得しており、地域の中心となり、院外からの相談を受け、地域における感染対策強化にも取り組んでいます。

加藤彰

私は2021年度に特定行為研修を修了し、感染管理特定認定看護師となりました。現在、感染対策チームの一員として院内ラウンドを行い、感染対策の現場での指導・相談対応を行っております。また診療科医師をはじめ多職種とも連携し、外来や入院中の患者さんが安心して診療・看護を受けられるよう活動をしております。

糖尿病看護認定看護師

平岡美紀

「糖尿病」ってどんなイメージですか?
生活習慣病や不摂生など、自己管理ができていない。そう言われがちです。糖尿病の発症には生活習慣の関連もありますが、それだけではなく、体質も大いに関連しています。
糖尿病であることが、マイナスのイメージとなってしまったり、何らかの制限や不利益を被ることがないよう、そして日々の生活や人生を楽しむことができるよう、患者さんのサポートをしたいと考えています。

矢野仁美

糖尿病と聞くと、制限することが多いと落胆される方も多いと思います。しかし、糖尿病は日常生活と密接に関わっており、患者さん自身が正しく病態を理解し、生活の見直しを行うことで、いくらでもコントロールができます。私自身病棟勤務をしておりますが、これから何十年と糖尿病を抱えながら生きる患者さんが、少しでも合併症を起こすことなく生活することができるようお手伝いをしていきたいです。

緩和ケア認定看護師

上野政子

緩和ケア専従看護師として、入院中は『緩和ケアチーム』、外来では『緩和ケア外来』・『がん看護相談外来』、時には、退院後に訪問看護師と共にご自宅に出向いて患者さんとご家族のサポートをしています。“緩和ケア”は、特別なケアではありません。いつでも・どこでも受けられます。ちょっと体がつらいな…、気持ちが疲れたな…と感じたらすぐに声をかけて下さい。
患者さんとご家族が笑顔で過ごせるようお手伝いいたします。

久野美雪

総合相談・支援センター がん相談支援センターで、がん相談の専従として院内・院外の患者さんやご家族の相談に対応しています。身体のつらさ、気持ちのつらさ、今後の治療や生活への不安、療養生活で利用できる社会資源など様々な相談に対し、真の想いに寄り添えるよう対応しています。相談者と一緒に考え、本来あるその人らしい日常生活が送れるよう支持しています。

がん化学療法認定看護師

櫻井規光子

現在、がん化学療法看護認定看護師として勤務しています。病棟では、がん薬物療法を受ける患者さんへの投与管理や副作用への対処方法の説明などのケアに当たっています。副作用への不安や対処方法などへのご心配事などありましたらお気軽にご相談ください。

戸田 香織

がんと診断された患者さんやご家族が、安心して治療に臨めるように、正しい情報を提供し治療選択ができるよう努めています。患者さんや家族の想いに常に寄り添い、価値観や人生観を尊重し、その人らしい生活を大切に送りながら治療が続けられるようなお手伝いをさせていただいています。

認知症看護認定看護師

庭瀬美智子

外来では、認知症や物忘れが気になる方・ご家族へ、医師や公認心理師と協力し、日常の生活が送れるように治療や介護の相談など行っています。入院中の認知症や物忘れの症状がみられる方々に対し、安心して入院生活が送れるように、退院後の生活についても考えながら、医師・ソーシャルワーカーとチームを組み、病棟看護師・主治医・治療に係るスタッフと協力し支援をさせていただいています。

皮膚・排泄ケア認定看護師

坂本かず美

入院される患者さんがフレイル(加齢に伴う衰え)の状態となっていることが多く、褥瘡(床ずれ)やスキントラブルとなりやすい状況です。そういった方々が、身体もお肌もできる限り健やかに過ごせますよう、組織横断的に活動しています。院内褥瘡対策チーム(医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、作業療法士)と専門的な知識・技術を以って予防対策に努めております。
また、ストーマを造設される患者さんが、より快適にお過ごしいただけるよう入院中から退院後も外来にてサポートしております。

丸谷 由希

病棟で皮膚トラブルのある患者さんへのケアやストーマを造設された患者さんのケアを行っています。入院から退院後まで、継続した看護ができるように、病棟でのケアを中心に、退院後訪問も積極的に行っています。また、常に患者さんに寄り添うケアを考えながら自ら実践を行い、病棟、病院全体の看護の質の向上を目指しています。

乳がん看護認定看護師

川村伸代

乳がん治療を行う方に心理面・身体面のサポート、リンパ浮腫予防の支援(日常生活指導、弾性スリーブの試着)、がん看護相談、ウィッグ相談会、補正下着相談を予約制で行っております。創部の自己処置が必要な方のケア方法、化学療法の副作用、お子さんへの病気の伝え方、乳がんの遺伝子検査、妊孕性に関わる相談、術後の創部のテーピング法、放射線療法後の皮膚スキンケアについても実施しています。

摂食・嚥下障害看護認定看護師

伊藤 栞

摂食・嚥下障害看護認定看護師として現在病棟で勤務しています。摂食嚥下障害(口から食べる機能の障害)がある患者さんの摂食嚥下機能の評価や、口腔内のケア、リハビリテーションを医師や看護師、リハビリテーションスタッフなど多くのスタッフと共に行っています。1人でも多くの患者さんが「食べる喜び」を感じ、「食べたい」という願いを叶えられるよう、支援させていただきます。