HOME > 看護部紹介 > 職場紹介 > 病棟紹介

病棟紹介

中央病棟2F

呼吸器内科・外科疾患を主科とする入院病床53床(緊急入院用病床8床を含む)の病棟です。化学療法・放射線療法・手術など、急性期から回復期まで幅広い患者さんを対象とし、信頼関係を大切に、心に寄り添う看護が提供できるように取り組んでいます。不安や苦痛が増強なく治療が受けられ患者さんやご家族の意向に沿えるよう、医師だけでなく薬剤師・栄養士・ソーシャルワーカーなど多職種とも密な連携を図りながら、入院時から退院を見据えた看護提供に努めております。

 患者の介助の様子
多職種カンファレンス

中央病棟3F

病床数43床の脳神経外科、脳神経内科を主科とする病棟です。脳卒中・脳腫瘍に対する外科的治療や血管内治療、パーキンソン病やギラン・バレー症候群等の神経疾患に対して治療を行っています。発症直後の急性期から退院に向けて医師・看護師・リハビリ等の他職種でカンファレンスを行い、患者さんの個々に合った支援ができるよう努めています。また摂食嚥下障害看護認定看護師が在籍しており、食事の支援も充実するよう努めています。

ICで使用する脳の模型
脳室ドレーンの指示を受けるスタッフ

中央病棟4F

産婦人科・乳腺科・小児科を中心とした混合病棟です。産科では外来からアドバンス助産師がサポートして継続したケアを提供しています。また、母性看護専門看護師が中心となり妊娠中から地域と連携を図り、出産後も安心して育児ができるよう支援しています。乳腺科・婦人科は患者様の希望や意向に添い安心して治療に臨めるようなサポートを心がけています。小児科では発達段階に応じた個々に寄り添ったケアを提供しています。女性と子供の混合病棟として、思いやりと優しさ、笑顔のサポートができるよう努めています。

 産科入院のアメニティグッズ
出生新生児の観察風景

集中治療部

侵襲の大きな手術後、院内外からの内科系・外科系の急性期の重篤化した患者さんが入室されています。生命危機状態の患者さんの多くは、自らの思いを伝えられる状態ではありません。また、ご家族の心労は計り知れません。そのような患者さん・ご家族の思いを汲み取り、回復を支援するために、医師、看護師、臨床工学技士、栄養士といった多職種がチームとなり、安全で質の高い医療・看護を提供出来るよう日々取り組んでおります。

 毎日の多職種カンファレンス
重症患者さんの早期リハビリテーション

東館4F

循環器内科、腎臓内科、耳鼻咽喉科、口腔外科を主科とする計49床の病棟です。心疾患(急性心筋梗塞や心不全、洞不全症候群等)に対する心臓カテーテル検査やペースメーカー埋め込み術、腎不全に対するシャント造設といった重篤かつ専門性の高い疾患の患者さん対応を行っています。また、定期的に多職種カンファレンスを実施し、多職種が一丸となって、患者さんの急性期から回復期までの治療と退院調整を行い、患者さん・ご家族の思いに沿った治療・看護を提供できるよう心がけています。

循環器医師による心臓カテーテル検査
NPPV管理、病棟での透析風景

東館5F

消化器内科、消化器外科、代謝内分泌科、泌尿器科等の混合病棟です。内視鏡的治療、化学療法、手術などを目的とした患者さんが多く、不安や苦痛なく治療ができるよう、心に寄り添う看護を提供し、日々笑顔を忘れず努力しています。また、血糖コントロールを目的とし、食生活などの生活指導、血糖測定、インスリン注射手技の指導を行っています。患者さん一人ひとりに合わせた看護が提供できるように日々、カンファレンスを行っています。

インスリン自己注射の指導場面
  PTCDチューブ管理

東館6F

6階病棟は、陰圧室4床、陽圧室2床を有する46床の病棟です。病棟の特殊性から感染対策が必要な患者さんを積極的に受け入れております。安心して治療を受けていただくことができるように、患者さんとそのご家族に寄り添った看護の提供に努めています。令和212月より、新型コロナウイルス感染症と診断された患者さんや、疑いのある患者さんの受け入れをしており、感染予防対策を徹底し医療・看護の提供に従事しています。

看護ケアの実施の様子
病棟内の環境整備

南病棟2F

整形外科を主科とする病棟です。手術、安静目的で入院している患者さんの多くが、疼痛や運動制限により日常生活動作に制限が生じている為、苦痛や不安を緩和し安全安楽に入院生活が送れるよう日々努力しています。また、医師・看護師・理学療法、作業療法士・MSWが連携を図り、日常生活動作の向上、早期在宅復帰に向けての支援を行い、患者さんやご家族の意向に寄り添う温かな看護が提供できるよう心掛けています。

患者様のサイズに合わせた松葉杖
下肢挙上車椅子による移送

南病棟3F

眼科・皮膚科を主体とした病棟です。眼科では点眼指導など視力障害のある患者さんに合わせた指導を行っています。皮膚科では重度褥瘡の患者さんも少なくありません。処置の他全身管理が重要となるので、栄養サポートチームとの連携し看護を行っています。また、2021年より前立腺癌に対し小線源療法が導入され当病棟で受け入れをしています。心に寄り添う看護となるようスタッフ間で連携しています。

小線源治療室
点眼指導用紙

南病棟4F

地域包括ケア病棟では入院治療後、症状が安定した患者さんに対し住み慣れた地域、ご自宅への復帰に向けた医療や支援・リハビリなどを行う病棟です。また何らかの事情で一時的に在宅介護が困難になった場合にも入棟の対象となります。患者さんの日常生活動作機能向上と在宅復帰に向けて、安心・安全な医療・看護を提供しています。医師・看護師・在宅復帰支援担当者・リハビリスタッフ・MSW・薬剤師・栄養士など他職種で地域との連携を図り、患者さん・ご家族の意向と心に寄り添いながら、チームで生活援助・退院支援に努めています。

多職種カンファレンスの様子
歩行訓練の様子